ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

WWE:セザーロの契約更新について、長期的なクリエイティブプランがなかった??内部では失望の声


 セザーロがWWEを退社したち報じられています。前述の通り、新しい契約について合意に至らなかった為、現在はフリーエージェントとなっています。

Fightful Selectの最新レポートでは、WWE内部の人間はこの報道に失望と、彼が非常に好かれているロスターの1人だったと報道されています。

また、セザーロが2月に契約が切れるかもしれないと、何人かの同僚に話し始めたのは10月まで遡り、彼はこのままではいけないと考えていたようです。彼は別れを彼等に伝える時に、去る理由を述べはしなかったものの、自分の起用方法に関して"それなりに失望している"と語っていたという意見がありました。最高の試合に挑んだセザーロのプロ意識を高く評価するWWE関係者もいました。

セザーロの離脱はWWEが彼を必要としていないわけではなく、新しい契約を提示したものの、拒否されたということです。誰かと契約するまではWWEと再契約する現実的な可能性はまだあり、多数の情報筋はドアが完全に閉じた状況ではないと評しているし、セザーロは橋を燃やしたわけではないと言われています。しかし、今後のショーで彼を使用する計画はあったものの、具体的、長期的なクリエイティブプランがなく、セザーロ自身が再契約する気配がなかったことから、彼をプッシュするインセンティブは無かったと見られています。

情報が更新され次第、最新の情報をお伝えします。

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!