Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:メデューサ、ジャズ、ブリット・ベイカー、世代の異なる3人がジェリコのポッドキャストで対談!ベイカー「女性だけの興行ではなく、女性が男性の興行のメインイベントに」

 

Talk is Jerichoの最新エピソードで、ブリット・ベイカーは世代の異なる3人の女子レスラーで対談をしました。メデューサ、ジャズ、そして、ベイカーです。

インタビューの中で、メデューサは女子プロレスについて、彼女がいかにAEWを見るのが好きかを語りました。

「女子レスラーを見てい手本等にエキサイティングだと思うし、あなたたちは本当に凄い。私はAEWを見るのが好き、本当に。レスラーが行くべき場所はたくさんあります。」

ジャズとベイカーはジョシプロレスの成長について話しました。これは長い期間をかけて行われて来ました。レジェンドであるジャズは女性だけのPPVイベントであり、AEWはそれを実現出来ると考えていると明かしました。

「間違いなく成長しています。AEWのような会社が女子部門だけのショーを開催するのは明白です。そうなれば、もしかすると、彼女達は私をコーチとして連れてくるかもしれません。」

ベイカーはジャズとは異なる将来像を語りました。彼女は女子だけのPPVではなく、女子がヘッドライナーを務める事が当たり前の状況になってほしいと語りました。

「私はジャズと逆の道を歩むつもりです。女性だけの興行ではなく、女性が男性の興行のメインイベントになることをもっと一般的にするのです。そうすればDynamite、RAW、SmackDown、PPVで女子のメインイベントがあっても、大騒ぎになる事は無いのです。良い試合だから、メインイベントになる、それだけです。」

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!