国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2022年2月12日土曜日

更新:コーディ・ホール再始動!アメリカインディマットに登場、復帰までの気持ちを明かす「今でもビッグスターになりたい、レッスルマニアに出たい、どこかに出たいという夢は持っている。」

0 件のコメント :


 

 DDTで活動をした2020年以降、コーディ・ホールは活動していなかったが、最近C3Wのリングに帰ってきた。スコット・ホールの息子である彼は2012年から活動、主に日本でその名を轟かせてきた。

MuscleManMalcolmの取材に応じたホールは活動休止とリングへの復帰について語った。

「俺はただ離れたいと思っただけです。人生にはもっとたくさんのことがあるプロレスは好きだけど、他にも情熱はある。少し休んで、また戻ってきた。ここが俺の居場所なんだ。」

「ただ楽しむ事。レスリングはハードな人生なので、レスリングから足を洗ったけど、懐かしくなったんだ。いいこともあるし、楽しい。ボーイズと一緒にいるのはいいことだ。それを取り戻したいと思っているんだ。」

スコット・ホールの息子であることは、それなりの期待を伴うものであり、コーディはそれに値するか確信は無い。

「(WWE殿堂入りの息子であることについて)かなりクールだと思うけど、影で生きているようなもので、ちょっと辛いとも思う。最初に言ったのは"スコット・ホールの息子"であって”コーディ・ホール”ではないし、そうなることもない。俺は繊細だから、時々ちょっとがっかりするんだ。親父のようにならないためにやってるわけじゃないんだけど、いつもそうなんだ。」

「もちろん「体調を整えられるかも」「もっとうまくなれるかも」「アメリカに戻ったから何か大きなヒットがあるかも」なんて頭によぎる。今でもビッグスターになりたい、レッスルマニアに出たい、どこかに出たいという夢は持っている。一度味わうと、決して消える事は無く、いつもその興奮を追い求めている。大きな期待はしない。それは傷つく事に繋がるから」

ホールは2020年に一時的にMLWと契約しましたが、デビューすることはありませんでした。

Fightful

0 件のコメント :

コメントを投稿