WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

AEW:ビリー・ガンが大真面目に語る試合論「Youtubeの番組をけなすわけではないが、4分間あるなら、450やスパニッシュフライみたいな武器になる技を毎回やる必要は無いんだ。」


 ビリー・ガンは、AEWのロッカールームで若いスターに混じって尊敬されているベテランタレントの1人です。

タリー・ブランチャード、アーン・アンダーソン、ジェリー・リン、ディーン・マレンコはAEWのエージェントであり、現役のベテランにはスティング、クリス・ジェリコ、クリスチャン・ケイジがいます。

彼は、若いタレントが楽屋を共にする仲間をもっと活用してほしいと思っています。

「俺は彼等がより良い仕事をする事が出来ると思う。正直、関心のあることだ。俺達はアーン、ディーン、タリー、ジェリー………俺達は偉大なタレント魂とビジネスへの忠誠を持っていて、彼等がそれを活動出来ていないと思ってるもっと活用する必要があるんじゃないか。全部を知っている訳じゃないが、時々、彼等は頭の中で考え過ぎて、自分達のゲームプランと違う事を誰かに言われたくないとおもっているみたいなんだ。でも、もっと必要だと思うし、目の前にあるものをフルに活用できていない気がするんだ。」

若いタレントと彼等の働き方について、ある状況下ではスローダウンしてほしいと答えました。

「あいつらのやっていることの半分くらいは、引いていい。一番大事なことだ。まだ若いし、体がそれに耐えられないことに気付いていないから、文字通り、外に出て行ってしまう。そんなことはないんだ。Youtubeの番組をけなすわけではないが、もしエキストラと一緒にいて、4分間あるなら、450やスパニッシュフライみたいな武器になる技を毎回やる必要は無いんだ。あいつらは「俺はこれとこれをやりたいから、その技を最大限に活かす為に、こうなるように回避させてくれ」というやり方を知らないんだと感じてる。ただひたすらに技を重ね、フリップにフリップを重ね、ダイブにダイブを重ねるだけで、どう試合を組み立てて行くのか、その辺を考えてないんだ。まるで「このダイブをしたいんだけど、その前に4発ダイブした上でこのダイブに反応してほしいんだ」ってね。リングの内側から外側に来る時は、くだらないダイブでもジャンプダイブでも、ダイブはダイブなんだ。もうちょっと引いていい。例えば、メインイベントに出てたり、契約しているタレントと大きなスポットがあれば、もうちょっと出来るけど、彼等はただ何でもやって、体が持たなくなるんだよ」

「あいつらは「行け、行け、行け」だから、人々が彼等に感情移入して、彼等の個性が何であるかを吸収させることができないんだ。人が伝える上で一番難しいのは「何もしないで、最大限に活かす」ことで、適当に売る事だ。ただ「ゴーゴーゴーゴー」というだけでは、人々が追いつく暇がないだろう。みんなが騒げば終わりだと思っているんだ。「俺がやった!!みんなこの声が聞こえるか!」ってな。彼等はお前の事を知らない。ムーブをぽんと置いているだけだ。自分がやっている事に反応しただけで、次に誰かがトンネルから出てきた時には忘れ去られている。自分のキャラクターが何なのか、自分が何者なのか、人に知られていないからだ。何者であるかを人々に知らせ、投資されればされるほど、彼等はより良くなるんだ。」

ウォードローは過去のインタビューで、ガンが必ずバックステージで待ってくれていて、試合後にアドバイスをくれると明かしています。

Fightful

 

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明