AEW:ジェフ・ハーディーの契約はいつ?関係者が競業避止義務の短縮を巡りWWEと前代未聞の協議に入った噂??



ジェフ・ハーディーが"ALL ELITE"する日は早まるかもしれません。

12月4日のライブイベントでの行動によりWWEをリリース、薬物の乱用が疑われたジェフですが、兄マットや家族によればその心配はないとされ、競業避止義務の解除に当たる3月中旬以降、ハーディーズとしてのイベント参加が少しずつ決まっています。

そんな中、最も濃厚とされているAEWの契約に関して、AEW側もこれに非常に好感を示しており、そもそも競業避止義務の日数を短く出来ないか、という前代未聞の交渉を始めたと見られています。

ハーディーズがAEWで再結成されれば、ジュラシック・エクスプレスを始め、様々なタッグチームと顔を合わせることとなります。

ジェフはWWEに満足していませんでした。AEWへの変更は「エニグマ」と世界中のファンにとって、最適な選択と言えるかもしれません。

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???