Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:MJFとの再戦をかけFTRとのタッグに挑むCMパンクが呼んで来たのは、サモア・ジョーではなくジョン・モクスリー!!

 

Dynamiteのオープニングで、MJFがCMパンクを打ち破ったセレモニーを行っていたところ、ウォードローの介入があったと再戦を申し込んだCMパンク。

そこにFTRが立ちはだかり、今夜、タッグ戦が決定するもパンクのタッグパートナーは決まらず。セグメントの後に、パンクは盟友でありWWEをリリースされたサモア・ジョーにTwitterで「お前、どこいるの?」と送るなどしていたが、実際に出てきたのはなんとジョン・モクスリー!!

モクスリーが客席から出てくると、大歓声!!老獪なFTRのタッチワークに翻弄されながらも、パンクが耐えれば、モクスリーが爆発する見事なタッグ!パンクの場外のFTRへのトペが抱きとめられるも、それに重ねるようにモクスリーも突っ込んでくる!!

そのままもつれるように、両者場外から客席へ雪崩れ込み、大喧噪の中、攻守が目紛しく入れ替わる中、モクスリーがFTR二人掛かりでテーブルに沈められる。すかさずパンクが駆け寄り無事を確認する。

カウントが進む中、なんとかリングに滑り込むモクスリー。FTRは自軍コーナーで優位に進める。徹底的にモクスリーがパンクの待つコーナーに近付くのを防いで行く。しかし、モクスリーは暴力的に千切り捨てて、ようやくコーナーに辿り着くもこれも阻まれる。

FTRの合体攻撃を食らい万事休すかと思われるも、なんとかこれを切り抜けパンクにタッチ!!しかし、FTRもペースを掴み直す!分断に成功したかと思いきや、パンクがキャッシュを引きずり阻止!反対にモクスリーが肩車して、パンクがコーナートップからのダブルインパクト!!

ウィーラーの攻撃を避けたと見たパンクだったが、キャッシュが場外からゴングで殴打!!両者疲労困憊の中、互いのフィニッシュが交錯!!モクスリーのチョークスリーパー、パンクのアナコンダバイスで決まるかと思ったが、タリー・ブランチャードが介入!!しかし、パンクはタリーに無慈悲なGTSを叩き込んだ後、モクスリーがパラダイムシフト、パンクがGTSを決め、勝利!!

これでパンクとの再戦が決まったMJFはバックステージで激怒する。

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!