Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

PWG:バトル・オブ・ロサンゼルス優勝のダニエル・ガルシアが歓喜のツイート「レブロン・ジェームズのように、あらゆる場所で優勝した!!」


 AEWスター、ダニエル・ガルシアはバトル・オブ・ロサンゼルス2022を優勝しました。トーナメント優勝を受けて、ガルシアはTwitterで反応しました。

決勝では"スピードボール"マイク・ベイリーを破り、レッドデスは彼の功績リストにまた新たな名誉ある賞を追加しました。ガルシアはNBAの象徴といえるレブロン・ジェームズと同様に、どこでも成功してきたと主張しました。

「レブロン・ジェームズのように、あらゆる場所で優勝した!!」



ここ数ヶ月、ガルシアはAEWで台頭してきました。それと同時に、若干23歳ながらインディペンデントシーンで大きな影響を持ち、BOLAでの優勝はそれを示唆しています。

ケビン・ブラックウッドとアレックス・シェリーを破り、準決勝ではブラック・タウルス、決勝でベイリーに勝利して、トロフィーを書く得意しました。

AEWではエディ・キングストン、インナーサークルと反目しています。2point0、The Acclaimedと組み、10人タッグでエディ、ルチャ・ブラザーズ、サンタナ&オルティスにも勝利。無差別級TNT王者サミー・ゲバラに焦点を絞ると、AEW Battle of The Beltsでベルトに挑戦しました。

Sports keeda

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!