ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

AEW:ジェフ・ハーディー、ついに自らの口でAEW行きを宣言!3月9日より前の登場はありえるのか??


 ジェフ・ハーディがAEW行きを明言しました

ケンタッキー州ルイビルで行われた会合でインタビューに答えたジェフは「私はAEWに行くつもりです」と答えました。




2021年12月9日にWWEをリリース、AEWはこれまでDynamiteやBTEのなかで、リリースの原因になったジェフがライブショーの途中で抜け出した件やドラッグテストについてコメディにしてマット・ハーディーと絡んで来ました。

デイブ・メルツァーは競業避止義務が切れる3月9日までにWWEに戻る事が無ければ、AEWに行くだろうと先月報告していましたが、ジェフはWWEからの今年の殿堂入りも拒否していました。

ジェフ自身から今後どのようにするかが明言されたのは初めてです。また、AEW関係者がジェフの競業避止義務に関して、WWEと協議を持ったという噂もあります。

ハーディーズは今後、タッグを組み、再結成ツアーを行う事が発表されています。

Wrestling Observer


コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!