WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

AEW:ソニー・キスが語るLGBTQレスラーの現状、AEWにおける多様性の認められ方「お客さんに見てもらう事、お客さんと対話する事が大事なんです。」


 AEWのスター、ソニー・キスがThe Sessions with Renee Paquetteに参加し、現在のプロレス界におけるLGBTQレスラーの成長に就いて語りました。性別が流動的なソニー・キスは2013年にデビューして以来、プロレスをLGBTQレスラーにとってより包括的なものにするために行われた変化について話しました。

「ここ10年くらい、2020年代は間違いなく良くなっています。私が2013年に業界に入ってきた時は間違いなくそんなことはありませんでした。まだ進歩していて、この10年で確実にだんだん良くなっています。私やナイラ(ローズ)、(アンソニー)ボーエンス、レイラ(ハーシュ)、キエラ(ホーガン)、ディアマンテ、オーブリー(エドワーズ)など名前を挙げればきりがないくらいです。ソーニャ・デビル、ジェイク・アトラス。みんな壁を削って、「この壁を壊してやる」と思っています。そういうことなんだと思います。」

その後、LGBTQレスラーをブッキングする際のポイントは何かと尋ねられたキスはタレントが自分らしくいられるようにし、スクリーンに登場する事でファンとの対話を続ける機会を与える事が最善の方法だと答えました。

「ただ、そのままでいてもらうことです。”みんなを自分らしくさせる"というのはベストな呼び方だと思います。なぜなら、人々はストーリーラインに関して、限界を超えなければならないと感じているからです。私はその必要は無いと思います。オープンリー・ゲイの男性とシス・ジェンダー(生まれた時に割り当てられた性別と性自認が同一性)・ストレートの男性とのストーリーでも、クールでいられます。テレビでボーエンズを見ても、ボーエンズがゲイのレスラーだとは思わないでしょう。彼はただのアンソニー・ボーエンズです。レイラを見ても、本当にレイラだとは思わないでしょう。すぐには思いつかないのです。私は誰もがありのままの姿であるように感じています。私の場合も、セクシュアリティや外見にこだわらないストーリーをいつも提案しています。ファンとの対話を続ける為のストレートなアイデアです。」

「"利用される"ことが大事なんです。本当にりようされないとやっていけません。それよりも、お客さんに見てもらう事、お客さんと対話する事が大事なんです。今年も機会があれば、そのような話をしたり、対話をしたり、私の視点からプレゼンテーションをする事が出来ればと思います。」

RampageやDynamiteではソニー・キスは大きくフィーチャーされていませんが、彼女はAEWが多様性を認め、特にLGBTQのタレントに良い仕事をしていると思う事をアピールするようにしました。また、彼女自身、自分がもっとテレビに出られるように努力する事を決意しています。

「私は間違いなくAEWにいることが大好きだと伝えたいです。AEWはLGBTQのタレントが自分らしくいられるように、会社のみんながそれを受け入れられる事が出来るように、素晴らしい事だと思います。トニー・カーンは褐色の男性で、ミーガは褐色の女性です。彼等はインクルーシブであり多様性を認めていることは明白です。私はそのことを伝えたいと思っています。ただし、自分が映っていなければ、自分のストーリーを語る事は出来ないのです。そのために努力をします。」

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

里歩を巡る数奇な状況について