ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

AEW:ピーター・アヴァロンが目指すTV復帰への道「The WingmenはDynamiteやRampageに必要なグループ」

 


 ピーター・アヴァロンは自身とザ・ウィングメンがAEWの主要なテレビ番組に復帰することを望んでおり、グループをDynamiteやRampageに出演させるアイデアを出しているそうです。

「もちろん私はそれを望んでいる。我々は様々な調整をしてきた。The WingmenはDynamiteとRampageにぴったりだと思うんだ。どんんなテレビ番組だってパーフェクトにこなす。もちろん、私は出たいし、これまでにも色々と売り込んで来た。」

「私達は、そこにいて、準備も出来ているし、能力だってある。このビジネスがどのように機能するのか、どんなビジネスなのか、そして、このビジネスにおいて今が最もワイルドな時期であることも知っている。トニー(・カーン)は新しいおもちゃをたくさん持っていて、それを使って遊びたいし、自分の棚に飾りたいんだ。」

アヴァロンのDynamiteの最後の出演は、昨年2月のエピソードになります。アヴァロンとセザール・ボノーニはタッグマッチでコーディ・ローデスとリー・ジョンソンに敗れました。

The Wingmenは昨年結成され、アヴァロン、セザール、ライアン・ネメス、JDドレイクで構成されています。彼等はYoutube放送であるDarkやDark:Elevationのレギュラーとして活動しており、アヴァロンはこれらの番組でのグループの役割に満足はしていると明かしました。

「非常に重要だと思う。トニーもそれが重要である事を知っていると思う。誰かが印象的に見えるように、テレビに上がる為に記録を生めるために試合を得る場所だから、多くのレスラーとキャラクターに深みを与えてると思う。」

アヴァロンはAEWのロスターの中で最も長く在籍しているメンバーの1人です。2019年のFight for The FallenでAEWデビュー、当初はレヴァ・ベイツと組み「ザ・ライブラリアン」として活動、その後「プリティ」ピーター・アヴァロンというキャラクターに移行しました。

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!