Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:専門家の間でも情報錯綜中!Dynamiteに登場する新たな契約者は本当にキース・リーなのか???


 AEW社長のトニー・カーンは今週再び禁じられた扉を開きます。その名前はまだ発表されていませんが、最近リリースされた元WWEスター、キース・リーである可能性が非常に高いと言われています。

元NXT王者の彼は11月に契約が解除され、90日間の非競争条項を持つ為、2月2日にようやくフリーエージェントとなりました。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによると、AEWとリーはすでに連絡を撮り合っていて、契約はもうすぐ成立するか、既に終了していると見られているようです。

しかし、ファイト降るセレクトのショーン・ロス・サップによると、AEWのタレントと会話したところ、誰がデビューするかは分からないが、キース・リーが来る事は無いと全員一致で推測していると明かしました。

キース・リーはTwitterで「勝利を通じ、私の鎖は断ち切られた。時が私を解放した。そして今、フォースが私を導くだろう」と呟いています。

先週、リーはパートナーのミア・イムと結婚をしましたが、彼女もまた同じタイミングで非競争条項が切れています。また、彼女は、インディー時代、"ザ・ライブラリアン"レヴァ・ベイツとのタッグでよく知られていました。

カーンのSNSでの発表によると、最新の契約選手は今週のDynamiteで発表され、金曜のRampageでTNT王座戦を戦ったイザイア・カシディとの一戦に挑みます。この一戦は、3月6日にフロリダ州オーランドで開催されるPPV「Revolution」で行われるTNT王座への挑戦権を巡るラダーマッチへの出場権がかかる予定です。


Sportskeeda

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!