国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2022年2月16日水曜日

AEW:コーディ・ローデスとブランディの離脱が正式に発表!一時は契約が無い状態で、テレビ出演も。

0 件のコメント :


 

コーディとブランディのAEW離脱が発表されました。コーディはエグゼクティブバイスプレジデント、副社長の役を勤め、ブランディは最高ブランド責任者として活躍していました。

トニー・カーンはTwitterで2人に感謝を述べています。



「コーディとブランディ・ローデスはオールエリーとレスリングの立ち上げに不可欠でした。コーディの能力は、彼の大胆さと私達の業界への情熱、そしてコミュニティへの働きかけへの愛情と相まって、AEWがファンに必要なもの、つまり新しく確信的で長続きするものを提供するという私達の使命を果たすのに役立ちました。ブランディは私達がAEWストーリーを形作るのを手伝ってくれました。彼女がリングの内外の両方で私達の為に懸命に戦い、女性部門で競争しながら、KultureCityや米国心臓協会との偉大なパートナーシップを築いてくれました。

私はコーディとブランディに多大な敬意と感謝の念を抱いています。そして、彼等がAEWから離れるに当たり、2人が最高であることを願っています。

ありがとう、コーディとブランディ!」

また、コーディは声明を発表し、カーン、ヤングバックス、オメガ、ジェリコ、リングを共にした相手、バックステージの人々などAEWの多くの人々に感謝の意を表しました。



「私はAEWでの時間を愛しています。素晴らしいロッカールーム、素晴らしいファン。アメージングな人。”Revolution”は確かにテレビで放映されたが、私はその一部になれたことが信じられない程幸運だった。

まず、トニー・カーンに感謝したい。彼はバトンを受け取って走り出した。彼の元で働き、個人的なレベルで彼を知る事が出来たのは光栄さった。彼は美しい魂の持ち主です。私の素晴らしい妻であり、我が娘の母ブランディには、この度を通して彼女の全ての愛とサポート、そして、彼女が育んでくれたKultureCity、全米心臓教会との素晴らしい関係に感謝しなければならないのは言うまでもありません。

また、ニックとマット・ジャクソン(この2人は知ってか知らずか、望まれず、自信もなかった子馬に、群れのリーダーになる自信を私に与えてくれました)ケネス・オメガ、クリス・ジェリコ、チキン………私達が火をつけたのです。ティム・W、キース・M、グレッグ・W、そして、ビジョンを理解し、優雅に捉えてくれた素晴らしいプロダクションクルーに感謝しなければなりません。全員の名前を挙げる事は出来ませんが、メーガ、マーガレット、ハリントン、ジェフ・ジョーンズ、ダナ、トニー・スキアポーネ、バーン、ラフ、そして、このゲームで最もハードワーカーであるQTマーシャルには私が息切れした時に支え、お尻を蹴飛ばしてくれた事に感謝しています。

MJF、ジェイド、サミー、ダービー、リー、リッキー、トム、ガンズ、ブロック、ベルベット、ナイラ、オーブリー、ターナー、バニラ、ソロ、スピアーズ、ジュリア、アナ、ウィル、ウォードロー、ソニー、フエゴ1、もちろん-1にも。また、ブレット、サム、その他のチームを含むワーナー.メディアの素晴らしいパートナーたちにも、この場を借りてお礼を言う必要がある。このルネッサンスには、たくさんのマイルストーンと美しい思い出があります…汗、血、涙、文字通りの炎、その全てをマットの上に置いてきました。その全てが、w足しが会社で率いる事になった最後の貢献、コミュニティ・アウトリーチ・チームに比べれば、見劣りするものです。最も内側にある瞬間、外側にある行動、そして、名声や影響力を受け止め、訪れたコミュニティのために価値ある事をする能力(カメラがオンかオフかに関わらず)は最高の栄誉です。アマンダ・フーバーはスタイリッシュにこの部門をリードしてくれると確信しています。

私は自分の作品や貢献、そして、このような素晴らしいプロフェッショナルの方々とサポートやコラボレーションをしたアイテムをとても誇りに思っています。

ファンの皆さん、ありがとうございます。あなた方のおかげです。永遠に生き続けよう。」



ブランディも自身の声明を出し、自分を支えてくれた人達、AEWパートナーに感謝を示しました。

Fightful

 

0 件のコメント :

コメントを投稿