ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

AEW:ジェフ・ハーディー薬物検査異常なし!WWEから今年の殿堂入りを打診されるも、兄マットの受賞をAEWとの契約を理由に断られ、即刻「答えはノー!」


 数週間前からマット・ハーディーは弟ジェフの最新情報を繰り返し提供しています。最新のTwitchでの配信では、薬物検査が陰性であったこと、ジェフが今年のWWE殿堂入りを断った理由を明かしました。

「薬物検査の結果が出るまで、何週間もかかったし、色々と面倒なこともあった。全て陰性でした。薬物検査は全て合格しています。過去にあったアルコールの問題も、しばらくはそういうこともないそうです。ジェフにとって全てが順調です。」

「薬物検査の結果が出る前に彼をリリースしてしまったことに、自分達が少し早まったことに気がついたのです。しかも、何週間も待って、この薬物検査の結果を取り戻さなければならないのですから、不思議なものです。何故なら、それが自分達に良い印象を与えない事を知っていたからでしょう。しかし、長いものには巻かれろの精神なのか、2022年のホール・オブ・フェイムのオファーがされました。」

マットはこのオファに対し、ジェフはマットも一緒に殿堂入りするかと問い、AEWのステータスの為に断られたため、即刻自分の殿堂入りも断ったそうです。

「ジェフは「俺を殿堂入りさせたいのか」と聞きました。「お前等がAEWと話したのは知っている。この受賞はハーディー・ボーイズになるのか?俺と兄貴なのか?」と聞くと彼等は「あぁ、駄目、駄目、駄目」と返したらしい。マットは受賞出来ない。AEWで契約しているからと言ったそうで、ジェフは「なら、難しい、答えはノーだ」と言った。彼はハーディー・ボーイズというチームの為に立ち上がったんだ。」

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!