Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:リーガル卿の息子ベイリー・マシューズが新たな名前でリパッケージデビュー!!


 WWEのタレント開発ディレクター&グローバルリクルーティング部門責任者のウィリアム・リーガルの息子が、WWE NXT UKブランドに再登場しました。

ベイリー・マシューズは現在、NXT UKで「チャーリー・デンプシー」という名前を使用しています。今日のNXT UKで,デンプシーの新たなカミングスーン・ティザーが放送されました。



デンプシーはイギリスのレスリングのレジェンド達とトレーニングしているので、リングからのフリップやアクロバットコンテストのような試合はしないと話しています。また、ファンの皆さんには今まで見た事の無いものをお見せするとも話しています。

「私のインスピレーションの水面とである人が『体はハシゴのようなもので、動きの旅にハシゴを上り下りしなければならない』と言っていました。それを聞いて、私の頭の中で何かが動き出しました。私は過去のイギリス人選手を捜して一緒に練習し、このスタイルを身につけました。私はリングから飛び出したり、アクロバット競技のようなことをするつもりはありません。私は相手を倒し、ペースト状にして、今まで見た事の無いものを見せるつもりだ。」

名前が変わる前、2月25日のエピソードでNXT UKデビューを果たし、タイラー・ベントに敗れて以来、放送でのレスリングをしていません。

ベイリーは2020年に新日本プロレスでヤングライオンとしてトレーニングを受ける前に、wXwやイギリスのインディーショーで活動をしていました。今年の1月29日に、他のNXT UKスターや里村明衣子と共に契約した事が発表されました。故郷であるイギリスのブラックプールを代表するマシューズは、NXTジェネラルマネージャーであるジョニー・セイント、ビル・ロビンソンから影響を受けた独自のスタイルをNXTにもたらしてくれると、WWEは契約時に述べています。WWEの契約発表まで、父と息子の関係を認めていなかった事が興味深いところです。

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!