国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年9月13日月曜日

AEW:マーク・ヘンリーが明かすWWEを辞めようと思った瞬間「扉が閉じられたことを知る必要があるんです。」

0 件のコメント :


 今週の「Talk Is Jericho」はAEWのマーク・ヘンリーがゲストとして登場し、AEW Rampageの放送チームに加わった事、達成したい事、WWEからの離脱、アンダーテイカーとのレッスルマニアでの瞬間、Hall Of Painのキャラクターがどのようにして生まれたのか、ビンス・マクマホンにリング上で引っ張られたことなどについて語りました。

ヘンリーはWWEを辞める時が来たと思った時の事を語りました。

「私はエグゼクティブになりたいんだ。このビジネスとそのあらゆる面について十分に知っている。タレント開発の仕事をしている人、タレント関係の仕事をしている人、会社の仕事をしている人などがいましたが、彼等よりも私の方がビジネスを知っていたし、人間関係を築く方法を持っていました。私がこれまでの人生で何よりも成し遂げてきた事は、人との良い関係を築くことでした。」

「人々は私がいい加減な人間ではないことを知っています。私はよく考え、子供達の為になることをするつもりです。子供達に経験を積んで欲しいのです。WWEはそのために私を雇いたいと思っていませんでした。私は何ヶ月もかけて、2年間に及ぶイベント計画をまとめました。他に何ができるだろうか、と考え、電話で「自分に何ができるか分かっているのに、その能力が評価されているとは思えないので、仕事を探し始めようと思います」と伝えました。

断られたとき、電話をかけてきたのは、ビンスでもブラット・ブラムでもなく、従業員であるジョニーからでした。ジョニーは従業員ですから、彼が私にノーと言うべきではありません。もし、応えるべき人間が、私に言うべきではない誰かに委任してしまったら、その時点で終わりです。扉が閉じられたことを知る必要があるんです。」

ヘンリーはAEWにコミュニティへの配慮をもたらしたいと考えています。

「9月にはニューヨークのアーサー・アッシュ・スタジアムに行きます。ニューヨークは私のホームグラウンドです。ハーレムに居を構えています。ニューヨークで尾行われるコミュニティ活動とその参加が大好きです。AEWに注目してもらえるようになるでしょう。なぜなら、私が会話している関係の人々は、大企業やフォーチュン500社(経済専門誌であるフォーチュン誌が選ぶ全米総収入上位500社、年1回更新される)との関係だからです。彼等は物事を動かす人達です。WWEにいた時、私はお金をもらわずに彼等の為に何かをしていました。このような関係を育んでいます。「そうだ、AEWに来て。家族を連れてきて、みんなに会ってみてください」と言える関係を築いています。実際、関係が生まれ,ビジネスの関係が育まれてきました。「彼等を連れてきてくれてありがとう」などと言われた事はありませんでした。私が欲しかったのはそれだけです。私はただ、自分がもたらしたものに対し、尊敬され、名誉を与えられたかったのです。」

Wrestling News.co

 

0 件のコメント :

コメントを投稿