国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年9月22日水曜日

AEW:ブライアン・ダニエルソンが語るWWEとAEWの違い「多くのタレントが、この会社の一部であるだけではなく、業界の変化の一部であると感じています。」

0 件のコメント :


 ブライアン・ダニエルソンは先日Bleacher Reportのクリス・ミューラーと話し、AEW世界王者のケニー・オメガとのAEWデビュー戦を宣伝しました。このノンタイトル戦は水曜日のグランドスラム版AEW Dynamiteでニューヨークから放送されます。ダニエルソンはWWEとAEWのロッカールームの違いについて語り、AEWは非常にオープンソースなシステムで運営されており、ロッカールームはより明るい雰囲気だと語りました。

また、WWEでの政治や闘争についても語り、AEWでは多くの人が社長兼ゼネラルマネージャーのトニー・カーンにアクセス出来るとコメントしています。

「正直に言うのは難しいんだけど、WWE自体が私がいた間に大きく変わってしまったので、不思議な感じがします。これはどこの会社でも起こる事だと思いますが、自分が良く見えるようなアイデアを押し付ける人がいます。そして、誰もがそうするのです。だから、WWEの政治や闘争はシステムが大き過ぎて、何かを変える為に必要な人達にアクセスするのが難しい、ということだと思います。」

「AEWの素晴らしいところは、多くの人がトニーにアクセスできることです。彼はとてもフレンドリーで、親しみやすい人です。私だけでなく、下位のカードの選手でもトニーと話をする事があります。非常にオープンソースなシステムなのです。会社が大きくなれば、それが機能しなくなるかもしれません。一つ言えるのは、AEWの方がロッカールームが明るいような気がします。」

「多くのタレントが、自分が何かの一部であると感じていると思います。この会社の一部であるだけではなく、業界の変化の一部であると感じています。プロレスビジネスの変化の一端を担っていると感じていて、それはとても素晴らしい事だと思います。そして、AEWのロッカールームにはもっと若い人達がたくさんいるので、それも面白いと思います。」

ダニエル損がAEWに移籍した時の大きな変化の一つは、それまで会った事の無い新しい若い顔ぶれだったと言われています。ダニエル損は、自分よりも最新の流行を理解している若いタレント達にアドバイスを求めているとコメントし、ダンテ・マーティンとフックの名前を挙げています。

「ダンテ・マーティンとフックとはまだ2週間しかいませんが、話をするのが好きです「私は40歳だし、かっこよくないから、どうすればクールに見える」ってずっと聞いているんだ。ちょっと違うだけ。AEWの多くの人達に会った事がありません。何人かはインディーで何年も前から知っていますが、他の人達には会ったことがありません。」

「だから、若い人達に混じっていて楽しいんだ、ビッグ・ショー(ポール・ワイト)、マーク・ヘンリー、クリスチャンのような本物のベテランもいる。MJFのように、普段はビッグ・ショーを批判することはないけど、私がビッグ・ショーにちょっとしたダメ出しをすると、ショーが『よし、ここでジョークを言ってもいいかな』と思ってくれるんです。それは楽しい事だと思っています。そして、それは20年以上、今年、21年目のレスラーとして学ぶのに最適なダイナミックさだと思います。」

Wrestling Inc

 

0 件のコメント :

コメントを投稿