国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年9月17日金曜日

AEW:アダム・コールのロングインタビュー「パートナーであれ、敵であれ、アダム・コールとカイル・オライリーの物語は、俺にとってとても重要です。」

0 件のコメント :


 

アダム・コールのキャリアの新章はAll Outで始まりました。AEWの新メンバーとしてデビューし、The ELITEと連携しました。PPVのエンディングでジャングルボーイにスーパーキックを決め、コールの直後に現れたブライアン・ダニエルソンに自分が勝っている事を証明しようとしています。

「All Outの開催地であるシカゴには、前日に飛行機で入ったんじゃなくて、別の都市に入ったんだ。飛行機の中では姿を隠す為にマスクをしていたし、ブライアンと同じホテルにも止まらなかった。ショーの最中にPPVをやっている建物に入って、外のトレーラーで待っていたんだ。ロッカールームは最後の瞬間までしらされていなかった。俺が関わった中で最も秘密裏に行われたデビューで、トニー・カーンは可能な限り大きなサプライズにするためのあらゆる手段を講じたんだ。」

2019年11月、WWEがサウジアラビアからの帰国を送らせていたタイミング、その週のスマックダウンはNXTのニュースター達が多数出演していました。この番組のヘッドラインは、サウジアラビア公演への参加を見送ったダニエルソンが、NXT現役チャンピオンだったコールと対戦し、勝利しています。コールは2人がAEWで抗争を続ける事を熱望しています。

「ケニーとヤングバックスが関わっているので、俺達にはたくさんのストーリーがあります。俺達が進むべき方向性は非常に多く、このストーリーの伝え方は非常にエキサイティングなものになるでしょう。俺はTHe ELITEに所属していた頃とは大きく変わったし、ケニーやバックスも同じです。俺達がこれから作ろうとしているものを作るのは、本当にエキサイティングな事です。」

All Outのわずか数日前に、コールは短期間のフリーエージェントを終え、WWEを離れる事を決めました。双方との交渉の結果、コールはAEWで新たな未来に乗り出す事を選びました。

「実際に決断したのは、文字通り(PPVの)2、3日前だったんだ。夜中の1時近くにベッドで起きていて、AEWに関わる事を想像していたんだ。その思うと、とてもワクワクしてきました。目が回って眠れないほどでした。AEWに来るというアイデアが気に入り、その時、自分が何をすべきか分かったのです。」

コールは現在、32歳、本名オースティン・ジェンキンス、過去4年に渡りNXTの主役として活躍していました。ポール・"トリプルH"・レヴェスクがNXTを正当な勢力に育て上げたにも関わらず、ビンスはこのブランドに干渉する事を選びました。結果、コールは将来のレッスルマニアでヘッドラインを務める事が出来ると思われていたが、会社を離れる事となりました。トニー・カーンはコールをAEWに移籍させることで、業界に大きな影響を与える新たなチャンスを手に入れました。しかし、コールは新天地でも、大成功を収めたNXT時代に、重要な役割を果たしたレヴェスクとショーン・マイケルズへの感謝の気持ちは変わりません。

「NXT時代のハイライトの一つは、ショーン・マイケルズとの関係です。私は、彼が史上最高のプロレスラーであることを公言しています。彼を指導者として迎えた事は、私が本当に大切にしている事です。彼からは多くの事を学びました。」

「ハンターとは昔も今も素晴らしい関係を築いています。彼の下で仕事が出来た事はとても素晴らしい学習体験でした。彼等と4年間一緒に仕事をしていなかったら、今のアダム・コールはなかったでしょう。ハンターとショーンとの関係はこれからもずっと続きますし、彼等が教えてくれた事や、俺を信じてくれた事にとても感謝しています。」

コールのNXTでの最後の試合は彼が誰もが認める世界最高のレスラーの1人であることを証明した時代の正式な終わりを告げるものでした。コールは8月のNXT TakeOver36で、長年のライバルであるカイル・オライリーとの2/3フォールマッチでNXTでの活動を締めくくり、オライリーを業界のトップクラスのパフォーマーとして、さらに定着させることを最優先にしました。

「あの試合は俺にとって、全てを意味していた。カイルのことは2009年から知っているが、俺達の関係はレスリングの世界よりもずっと深いものなんだ。彼は絶対的な親友の1人だよ。彼の結婚式にも参加しました。パートナーであれ、敵であれ、アダム・コールとカイル・オライリーの物語は、俺にとってとても重要です。NXT、日本、PWG、ROHで一緒にやってきたことをとても誇りに思っています。」

「カイル、ボビー(フィッシュ)、ロディ(ストロング)と一緒にアンディスピューテッド・エラで過ごした日々を、誇りを持って振り返っています。俺達の将来がどうなろうとも、カイルとのあの章を可能な限り意味のある形で締めくくる為に、俺は出来る限りの事をしたかったんだ。」

コールのAEWでの旅は、Dynamiteでフランキー・カザリアンと出会うことから始まります。

「フランキーのことは昔から知っているが、あいつはめちゃくちゃ優秀な男だ。なぜか、未だに過小評価されている。だけど、これは俺のAEWデビューだから、あいつがどれだけ素晴らしいと思っていても、俺はあいつにレッスンしてやって、なぜ俺は今ここを仕切っているのかを教えてやるんだ。AEWでの全盛期を迎える事に興奮しているし、世界最高のレスリング・ロスターと世界最高のレスリング・ファンに自分の本当の実力を見せる時が来たんだ。」

Sports Illustrated
 

0 件のコメント :

コメントを投稿