WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

AEW:CMパンクが明かす対戦してみたい相手とは「ヤングバックスともやりたいけど、ふさわしいタッグパートナーを捜さないとね」


 AEWのスターであるCMパンクはオーラルセッションに参加し、AEWでのレスリング復帰について語りました。よく聞かれる質問ですが、パンクはAEWの勝敗記録の話題を掘り下げ、興味のある対戦相手の名前を上げました。また、ダニエル・ブライアンがAEWに登場する事を示唆するような可能性についても言及しました。

「(対戦したい相手は)いい加減な答えだけど、みんなだよ。本当にそうなんだ。AEWの構造上、CMパンクが入ってきて、すぐにケニー・オメガとプロレスを始める事は出来ないと思う。あいつらには勝ち負けの記録があるからな。俺はそれについては戸惑ってる。ただ、それを維持するのは難しい。なぜなら、Youtubeでも番組を配信していて、その記録や試合などの大半はそこから来てると思うから。WCWのゴールドバーグを思い出すよ。あるナイトロでは、10勝0敗だったのに、次のナイトロでは25勝0敗になっていて「ちょっと待てよ、こいつは1日2回のレスリングを1週間続けたのか?どうなってるんだ」ってね」

「ジョン・モクスリーとは1度もやってない。ジョンとは対戦したいね。ヤングバックスともやりたいけど、ふさわしいタッグパートナーを捜さないとね。つまりだ、俺達が空想上のブッキングをしているとしたら……これはいつ公開されるの?土曜日?ネタバレしているわけじゃないよ。俺のブッカーとしての意見だけど、俺ならCMパンク、アメリカン・ドラゴン vs ヤング・バックスをやるね。明白で、やるべきことだ。」

パンクはその後、自分がやってみたい他の試合に目を向けました。ルチャ・ブラザーズ、ペンタ・エル・ゼロ・ミエドとレイ・フェニックスのトリオアクションやAEWの現TNTチャンピオンとの対決などがあります。

「俺とダービーとスティング、ルチャ・ブラザーズとフエゴ・デル・ソルのような本当にクレイジーなトリオマッチがやりたいんだ。WCWサタデーナイトのように、スコット・アームストロングがシルバー・キングとタッグを組んで、「いいね、行こうぜ」というような本当に奇妙なブッキングをしたい。ミロは違う。あいつは俺の最後の試合だったロイヤルランブルで俺をぶちのめした、それがあいつのデビューだったんだ。俺はあいつを捕まえて「よーし、お前はデビューだ、何をしたいんだ」と言ったら、あいつは「分からない、隅に追いやって叩きのめしてやるよ」と言ったんだ。俺は「言うまでもない、俺はこのリングで一番の有名人、ビッグネームだからもっと大きなものをぶつけてくれよ」って返した。あいつは「そうなのか」と言うから「そうだ、お前の出番なんだよ」ってな。あいつが始めて、俺は去った。今はお互いに新しい場所に行ってる、あいつはまるで別人だよ。」

パンクはまたAEWのロッカールームについても語り、古い顔ぶれと新しい顔ぶれが混在しており、そのうちの何人かは自分に影響を受けていると述べています。またかつてストレート・エッジ・ソサエティの中まであるセレーナ・ディーブとの再会についても語り、そういう再会がどれだけ癒しになっているかを語りました。

「ここは新しいロッカールームのようだけど、そうじゃない。馴染みのある顔がたくさんいる。コーディーとはずっと前からの知り合いだし、サンドラ(グレイ)はTシャツやタイツを作ってる。ジャン(ヴェントリリア)はメイクをしている。馴染みのある顔ぶれ、そんな感じ。トラックの中には、レッスルマニアの監督をした連中もいる。バックステージではたくさんの人間を知っている。新しい顔ぶれもいて、連中は俺を老けさせてしまう奴もいるが、逆に俺を超クールにしてくれる奴もいる。困った時にあなたに助けてもらったんです、という話をしたことは何度もある。」

「俺を参考にしてタトゥーを入れている人間もいる。たくさんあるし、重いものもあるけど、全てポジティブなものだ。圧倒的だよ、本当にね。ワイルドで本当にクレイジーなんだ。例えばセレーナに会ったり。昨日、会ったんだ。ハグをしたんだけど、彼女は「ごめんね」って言ってきた。俺は「もし、俺が真面目すぎて嫌な奴だったらごめん」と言ったんだ。そういったことがたくさんある。たくさんのセラピーが行われてるんだ。以前、俺が働いていた場所で働いていた人達がたくさんいて、みんなで集まってるんだ。」

また、パンクはタレントは自分の作品をどれぐらいコントロールできるかという話にも触れました。誰もが完全なクリティブ・コントロールを持っている訳ではないと明かしましたが、タレントは自分の作品について多くの意見を持ち、お互いに、そしてAEW社長のトニー・カーンと協力して、画面上で欲しいものを手に入れています。

「これまでの俺の経験からして、みんなが好き勝手にやっているとは思わないけど、誰もが何らかの意見を持っていて、誰もがトニーに直接連絡を取ってる。彼がイエスかノーを決める。俺はクリスチャン、あるいはダニエル・ブライアンのように、模範を示すことが重要だと思う。「みんな、こうすればいいんだよ」ではなく「みんな、やり方はひとつじゃないんだよ」ということだ。俺の経験では、これが一番いい方法かもしれない。君はどう思う?」

「スティングとの関係ではこう対応した。なぜなら、そこには間違いなく敬意があり、俺は「おい、これは俺の考えだ」と言うつもりはない。俺達は文字通り、そこに座って「どう思う?」「いやぁ、どうおもう?」「いや、君が教えてくれ」と行ったり来たりした。「いや、君が行ってくれ」「あぁ、それは本当にいいアイデアだ!」そしてそこから成長していくんだよ。」

Wrestling Inc

 

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について