Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:マット・ハーディー、WWEでくすぶる弟ジェフとの再結成を願う気持ちを吐露する


 マット・ハーディーは、ジェフがWWEとの契約が数年あるにも関わらず、AEW行きになるかもしれないとの噂についてコメントしています。

Adam's Appleとのインタビューでも、マットはAEWにいることがどれだけ幸運な事か、トニー・カーンをどう思っているか、カーンはプロレスの脈動に指を置いて、古い世代と新しいレスラーを同じように輝かせる方法を知っていると説明しました。マットはジェフへの気持ちをこうコメントしています。

 

「Fingers crossed,men」


指を交差させるポーズといえば、ジェフが高所からのダイブを見せる時のお決まりであり、いつも下から支えるのは兄マットの役目です。

マットとジェフは伝説のタッグチームであり、シングルでも素晴らしいキャリアを積んできました。彼等はそれぞれ個人的な魔物を抱えていましたが、それを見事に退治し、プロレス業界で25年以上のキャリアが可能である事を証明しました。エッジ、クリスチャン、ダッドリー・ボーイズと共に2000年のサマースラムと翌年のレッスルマニアX7で今や伝説となったTLCマッチを実現しました。

最近、ジェフはWWEのRAWでかなり粗末な時間を過ごしており、彼のブッキングは並以下です。彼のようなレジェンドには全く相応しくなく、どれもが彼自身の正だと考えるべきではありません。ケビン・オーウェンズらが契約の変更、短縮をするという噂があるので、おそらくジェフもそうすることはできるでしょう。そうすれば、彼は自身のキャリアを本来の方法で追える事が出来るでしょう、彼の兄弟がそばにいるので。

Prowrestling News .hub

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!