WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

AEW:アダム・コールがバレットクラブとThe ELITEの緊張関係に言及「どこかの時点で、俺とThe ELITEがビジネスを処理しなければならなくなる可能性は非常に高い」


 

AEWはニュージャージーとニューヨークのマーケットにデビューし、アダム・コールは仕事に取りかかる準備ができています。今週のDynamiteではコールがAEWで初となる試合を行い、フランキー・カザリアンと対戦します。このショーはAEWにとって初となるニュージャージーでのショーであり、プロレスのホットヘッドとして有名なこの地域で、ツアーを展開する新進気鋭のプロモーションにとっては重要なターニングポイントとなります。

ペンシルバニア州ランカスターで育ったコールはAEWのこの地域への進出について、こう語っています。

「非常に重要な事だ。この1週間、プロレスや自分のキャリアについて色々考えてたんだ。ノースイーストエリアが長い間、インデペンデントだけでなくプロレス全体の拠点になっていたという事実はさておき、俺はここでスタートしたんだ。」

現在、32歳のコールは、18歳の時に高校3年生でカムデン郡に本拠地を置くコンバットゾーン・レスリングでトレーニングを始め、フィラデルフィアの名門2300アリーナでビジネスを学びました。本人の良そうでは、最初の50試合は全て、ニューヨーク、ニュージャージー、ペンシルバニアの地域で行われたという。

「ここにやってくるAEWのリングでデビューができるなんて、信じられないくらい素晴らしい事だ。俺にとって、ファンのみんなは、これまで見て北中で最も情熱的で、興奮し、献身的な人達です。俺がノースイーストで身を立てたという事実は、そのファンが大切にしていることであり、俺も大切にしている事なんだ。」

コールがプロレス界に衝撃を与えたのは、9月5日のPPV「All Out」に登場した時でした。その前月、彼は2017年に契約したWWE NXTでの活動を終えたばかりでした。コールが「一世代に一度のPPV」と表現したこの夜は、彼だけではなく、同じ元WWEタレントであるルビー・ソーホーとブライアン・ダニエルソンが観客を驚かせ、プロレス界のレジェンドであるCMパンクが7年ぶりに試合を行い、新日本プロレスのアイコンである鈴木みのるまでも登場しました。

「とても興奮したよ。俺がよくやることは、12歳のプロレスファン、つまりプロレスを食べて、寝て、息をしている人の気持ちになって考える事です。All OutのPPVで購入するか、チケットを購入してライブに参加するかを考えるんです。そして、このショーは全体として、史上最も記憶に残るプロレスのペイパービューの一つであると考えます。もちろん、カードのトップからボトムまで、全ての試合をプラス10でお届けしました。そして、全てのサプライズに加え、このような特別な夜に参加うする事が出来て、とても興奮しました。」

コールがAEWに登場した事で、ダニエルソンやパンクといったスターだけではなく、MJF、ジャングルボーイ、ダービー・アリンなどの新しいタレントとのドリームマッチの可能性が出てきましたが、コールはその可能性にとても興味を示していました。

「彼等がそこにいるのは理由があり、彼等がここまで注目されているのには理由があるんだ。彼等は、レスリングの未来なんだ。」

AEW、新日本プロレス、AAA、インパクト、ゲーム・チェンジャー・レスリング、NWAのロスター間の境界線が曖昧になり、非WWEプロレス界の選手達がかつてないほどに協力し合っている時期にコールはAEWにやってきました。

「レスラーに関しては、スポットライトを浴びるに値する才能あるプロレスラーがたくさんいます。そして、AEWがこのようなタレントやプロモーションを、長い間注目されていなかった、あるいは、これまで注目されていなかった方法で注目させる事にオープンであるという事実は、本当にとても素晴らしいことです。それは、AEWのロスターに様々なクリエイティブな可能性をもたらします。また、関係する複数のプロモーションに多くの可能性をもたらします。」

プロレスの「Forbidden Door」と呼ばれるものが開かれる事は、プロレスファンにとっても大きなメリットのあるビジネス展開だとコールは説明しています。

「2つのプロモーションが衝突して、例えば、インパクトのレスラーがAEWに登場したり、新日本プロレスのレスラーがAEWのスターと対戦したりするチャンスがあると思うととてもワクワクすると、ファンとしての自分を想像します。」

AEWに到着したコールは、AEW世界チャンピオンのケニー・オメガ、ヤングバックス、インパクト世界タッグ王者のドグ・ギャローズ、カール・アンダーソンのThe ELITEに合流しました。

このThe ELITEは新日本プロレスのバレットクラブの元メンバーの多くが再結集したもので、その存在はバレットクラブの共同創設者であるタマ・トンガにツイッターでの怒りを買いました。

「日本のバレットクラブとここAEWのThe ELITEには緊張関係があったと思う。この2つのチーム、そして2つのグループの間の緊張関係は、歴史が物語っています。だから、「やり残した事」というのは控えめな表現だと思う。どこかの時点で、俺とThe ELITEがビジネスを処理しなければならなくなる可能性は非常に高いと思う」

Asbury Park Press

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について