WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

AEW:アダム・コールがビンス・マクマホンとの面会を振り返る。CMパンクのアダム、ブライアン・ダニエルソンへの感想も。

 

アダム・コールがビンス・マクマホンとの面会を振り返りました。

アダム・コールはAEW All Outに現れ、The ELITEと正式に再結成し、全世界に衝撃を与えました。彼はそのわずか数週間前、NXTで最も偉大なスーパースターの1人でありながら、彼の照明は不透明でした。

Fightful Selectが最初に報じたように、アダムは最近、ビンス・マクマホンと直接会っており、アダムがWWEのメインロスターに来て、WWEスーパースターとしての旅を続ける事を強く望まれていると報道されていました。しかし、最終的にそれは実現しませんでしたが、アダムはビンスと交流した時間にはポジティブな思い出しか無いと語りました。

「話はとてもうまくいった。色々な話をしましたが、実際の会話自体が素晴らしかった。彼との会話で嫌な思いをしたことは全くありません。彼は威圧的な人で、色々な意味で尊敬を集めています。しかし、その経験自体は全く問題ありませんでした。」

「トニーの周りで仕事をしたり、一緒にいたりすることは様々な理由でとてもクールなことですが、最大の理由は彼のプロレスへの愛がどれほど伝染しているか、ということなんだ。私はプロレスが大好きですが、トニーのそばにいると、より興奮して、より準備ができて、より気合いが入るのです。彼がここ(隣)に座っているからいっているのではなく、みんなに言っていますが、トニーは素晴らしい人なのです。」

CMパンクが、ブライアン・ダニエルソンとアダム・コールがAEWに現れた事について語っています。

「淫らな事を言って申し訳ないが、俺は勃起してしまったんだ。正直、誰もが自分の旅、自分の物語、自分がかつて働いていた場所での経験をもっていると思う。でも、(ブライアンが)言っていたけど、俺は出て行ったし、良い事はあまり言ってない。彼はその場所を愛していると言って去ったが、その場所を愛していても、まだそこにいたくないというのはどういうことなんだろうね?あなたはここにいたい、それが何よりの証拠だ。」

「アダム・コールは俺が一度もレスリングしたことがない選手だ。でも、いつかはやることになるだろう。それを楽しみにしているよ。ダニエル・ブライアンは、俺がレスリングしたことのある選手で、それを楽しみにしている。文字通り、俺はまるでクリスマスの子供のようなもの。アダム・コールかもしれないし、ダニエル・ブライアンかもしれないし、ケニー・オメガかもしれないし、ヤングバックスかもしれないし、ウィル・ホブスかもしれないし、リッキー・スタークスかもしれない。つまり、無限の可能性があるんだ。俺は今、とてもハッピーだ。」

Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について