Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:ATT所属元UFCヘビー級王者のジュニア・ドス・サントスがプロレスデビューに興味あり?ダン・ロンバートが明かす


 最近、ダン・ランバートはAEWのテレビにヒールとして登場しています。これまでにIMPACTとMLWでヒールとして活躍しているので、彼がプロレスのテレビに出演するのは初めてではありません。MLWでは、アメリカン・トップ・チームは実際にドラフトに参加し、アレックス・ケインのような新しいスーパースターをピックアップしました。IMPACTではダンはボビー・ラシュリーとペアを組んでいました。

ダンはATTのメンバーの中で、プロレスに参加したいと考えているメンバーについて、ジュニア・ドス・サントス(元UFC世界ヘビー級王者、カポエラとボクシングをこなす打撃系)、アンドレイ・アルロフスキー(元UFC世界王者、世界サンボ選手権銀メダリスト、サンボとキックボクシングを使う)、ホルヘ・マスヴィダル(UFCウェルター級6位、UFC最短KO勝利記録保持者)の名前を挙げました。

「面白いですよね。俳優は皆、歌手になりたがり、歌手は皆、俳優になりたがると言います。MMAの選手の多くがプロレスに入りたいと思っている。彼等にとっては戦っているということが面白い事なんだ。誰だってケツは一つで、1度に乗れる馬は一頭だ。将来、彼等のうちの誰かが始めても不思議ではありません。アンドレイとジュニア・ドス・サントスがスカイボックスでルチャブラザーズとヤングバックスのタッグマッチを見させてもらっていたけど、彼等がケージの中でやっていたクレイジーなことを見て、私は彼等に「将来的に本当にやりたいの?」と聞いたら、「それはどうかな」と言っていたよ。」

「ホルヘの将来の計画は、おそらく日ごとに変化しています。需要のなる人間の話をしましょう。彼はあちこちで活躍しています。2週間前に彼から電話があって、「奇妙なコネクションがあるみたいだけど、どこにいるんだ?」って聞いたら「あぁ、エジプトにいるよ」と言ってたんだ。彼はどこにでもいる。ホルヘの将来がどうなるかは分からないが、おそらく彼は忙しくなるだろう。」

さらに、ホルヘこそがジムで最も優れたプロモ・スキルを持っていると言います。

「ホルヘはジムで一番マイクを握っていると思うよ。パンデミック以前、大きなショーで行われたオープンワークアウトに行ってみるといい。彼が出てくると、パッドを叩いたりするのではなく、マイクを握って『Fxxk it』と言うんだ。「俺がパッドを叩くのは何度も見ただろう。俺が人を殴るのをずっと見てきただろう。話を始めよう」って始めるんだ。ファンと彼とのやり取りを見ていると、彼のマイクさばきはとても鋭い。台本がある訳ではありませんし、セリフを覚えている訳でもありません。ただ彼の口から言葉が飛び出してくるだけで、人々はそれを聞きたがるのです。」

ダンはジュニア・ドス・サントスが最も興味を示してるといい、彼が素晴らしいベビーフェイスになると信じています。

「あのタッグマッチの前まで、ジュニア・ドス・サントスは「俺もやってみたい」と言っていました。ジムで会う度に「いつレスリングの試合に行くんだ。俺も一緒に行きたい」と言ってくるんだ。しかし、私が言ったように彼は目の当たりにして少し考え直していました。私は彼だけか、もしくはアルロフスキーと一緒に行くと思います。2人とも大きくて強い選手ですからね。多分、アルロフスキーの方が少し怖い顔をしてて、彼がヒールになるだろうし、JDSは永遠のベビーフェイスになると思うよ。」

Fightful

 

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!