国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年9月2日木曜日

AEW:All Outでの対戦を前にジョン・モクスリーが小島聡を語る「あの人はIWGPヘビー級チャンピオンであり、オールジャパンのトリプルクラウンチャンピオンだった。コジマは正真正銘のレジェンドだ」

0 件のコメント :


 「All Out」でのこの試合にタイトルはかけられていませんが、この2人のハードなアスリートにはリング上で魅力的なストーリーを語る上でベルトは必要ありません。

先週、小島聡はツイッターで「自分は世界中のプロレスファンに知られていない」と謙遜をしていたが、その言葉は真実から最も遠いものであり、今週の日曜日、All Outでジョン・モクスリーと対戦する小島のスター性は最大限に発揮されるだろう。

「コジマはアイコンであり、十分にデコレートされた人物だろ」とモクスリーは語ります。「AEWはめちゃくちゃ研究熱心なファンが多い。コジマのことを知らない人や、彼が何をしてきたかを近いしていない人もまだいると思う。あの人はIWGPヘビー級チャンピオンであり、オールジャパンのトリプルクラウンチャンピオンだった。コジマは正真正銘のレジェンドだ」

新日本は、オカダ、バレットクラブ、ケニーの台頭により、過去10年間でより多くの観客を獲得してきました。そのため、プロレスファンにとって、IWGPと全日本の三冠を2度ずつ獲得してきた小島を簡単に紹介するだけで十分でしょう。新日本の歴史は、小島が30年のキャリアを通じて生み出した傑作へのリスペクトを払わずには語る事ができないものです。

「日本はシステムが違う。日本では、選手が年を取ると、徐々にカードを減らしていくんだ。彼等はまだリングに上がる事が出来るが、その役割は若い選手を育てる事になる。WWEでは、年配の選手がメインイベントを務める事が多いが、それとは違う。日本ではそうじゃない、ベテランが呼ばれた時は、彼等はハードに、ケツを蹴り上げることが出来る。」

「コジマはまだまだいける、っていうのは、嘘じゃない。闘争心はコジマの脳裏に刻み込まれている。俺達には世界で最も素晴らしいファンがいる。シカゴのファンにとってこの男を生で見る事が出来るのは喜ばしいことだ。」

モクスリーと小島の遭遇にはタイトルがかかってないし、その必要もありません。これは元WWEスターであり、自分の夢の為にWWEを去る事を選択した選手と、新日本スターの華麗なる対決です。ジム・ロスと、トニー・シヴァリが呼びかけるAEWのリングで、CMパンク、ケニー、ブリット・ベイカー、ポール・ワイト、クリスチャン・ケイジ、クリス・スタッドランダー、ルチャ・ブラザーズ、ヤングバックス、そして伝説のクリス・ジェリコが登場する中のカードです。因みに、パンクと対峙するダービー・アリンのコーナーにはスティングも登場します。プオレス業界に旋風を巻き起こしている金持ちの祭典です。小島がモクスリーとのハードな戦いで、暴走機関車のような列車事故に加わる事で、ショーにはまったく別な次元が加わります。

「この試合に疑問符はない。俺やコジマを知っている奴なら、何が起こるか分かっているはずだ。この試合は、オープニング・ラウンドから抜け出せない試合だぞ」

モクスリーと小島にとってAll Outでの試合はプロレスの力を讃える物です。2人のリング・ウォーリアーがプロレスに対する生涯のコミットメントを暴力で披露することで、それは自らの血で書かれたファイティング・スピリットへのラブレターとなるはずです。

「コジマは祝福されるためにここに来る。そうは言っても、俺は奴のキャリアを終わらせる為に、とんでもない暴行を加えようと思ってる。俺がもしも他の方法を考えついたら、奴は侮辱されることになるだろう。コジマとリングを共に出来ることを光栄に思っているし、早く一緒にブン投げたいんだ」

「奴のタンクにはまだガスが残ってる、証明したいことがあるんだ。コジマはこの業界で最も悪質なマザーファッカーと対峙することになる。長い試合にはなると思わない、綺麗な試合になるとも思わない。暴力的になるだろう、奴と一緒にそこに行くのが待ち遠しいね」

Sports Illustrated

 

0 件のコメント :

コメントを投稿