Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:フィン・ベイラー、NXT UKへの憧れを明かす「これは俺が今でも非常に興味を持っていることだ。」


フィン・ベイラーはNXT UKに行きたかったし、今でも将来的に行きたいと明かしました。

パンデミックの前、ベイラーはNXT UKのウォルターと巨大なライバル関係を築いていました。パンデミックが始まる前、NXTはアイルランドでTake Overを行う予定がありましたが、これらの計画はどれも実現せず、ベイラーはスマックダウンへメインロスターとして戻されました。

BT Sportのインタビューで、ベイラーはNXT UKでの野望を語っています。

「2年程前のNXT UKへのサプライズ出演は、俺がとても楽しみにしていた事だった。それは一回限りじゃなくて、定期的に行われる事になっていたんだ。ウォルターとの試合に向けて準備を進めていたけど、パンデミックでそれが出来なくなってしまった。これは俺が今でも非常に興味を持っていることだ。信じられないかもだけど、スマックダウンに戻る前にNXTの活動が終わりに近付いているのを感じていました。なので、俺が対戦できる選手はNXT UKに移るというアイデアを実際に提案したことがあるんだ。大胆な提案だったと思う。イルジャ、ウォルター、Akキッド、ジョーダンなどの選手に挑戦するだけじゃなくて、俺がNXTに貢献しようとしたのと同じようにブランドに貢献したいと思っていました。だけど、オフィスは俺をスマックダウンに入れたかったんです。」

「NXT UKのブランドの成長を見ていると、信じられない気持ちになる。その中には、世界でもトップクラスの選手もいて、純粋という言葉を使いたくないけど、もっと生身の人間やマットレスリングをベースにしているんだ。彼等の中にはほんと運才能があり、チームとしての団結力を持っている人もいる。だから、息の合ったグラウンドが成長していくのを見るのは素晴らしい事なんだ。BTスタジオに悪気はないんだけど、もし人々が集まってくれば、ブラックプールやウェンブリーのような場所に戻ってきて、信じられないようなことが起きると思っているよ。」

Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!