AEW:ケニー・オメガは有刺鉄線電流爆破の終わり方に不服?SNS上ではDMCAを理由に問題シーンを削除要請か


 

AEW世界王者ケニー・オメガはPPV『Revolution』のメインイベント後、有刺鉄線電流爆破の後、バックステージで激怒していたと報じられています。

爆発は試合経過30分後、タイマーがカウントダウンを続け、手を拘束されたモクスリーは動けず、エディ・キングストンもそれを庇って被爆するというものだったが不発に終わってしまいました。これはソーシャルメディア上でかなりの量の否定的なフィードバックを生み出しています。



Wrestling Observer Liveのブライアン・アルバレスによると、このフィナーレに対し、オメガは激怒していたと言われ、その他の詳細は明かされていませんが、エンディングがどうなったか満足していないようです。

AEWはこの不発弾のクリックをソーシャルメディアから排除しようとしているようで、全てではないにせよDMCA(デジタルミレニアム著作権法)を元に削除を行っているも王です。AEWは通常、試合からのGIFを投稿する事を許可しており、GIFに関してはDMCAの要求は安全であると述べています。

削除の詳細については下記をご覧下さい。


 





Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???