国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年3月30日火曜日

AEW:ディーン・マレンコ、パーキンソン病との戦い、レイ・フェニックスへの評価、ビンスとの関係など

0 件のコメント :

 

クリス・ジェリコは長年の親友であるディーン・マレンコを迎え、ポッドキャスト「Talk Is Jericho」を放送しました。マレンコは19年間在籍したWWEの対談、AEWとの契約は容易な決断であったこと、AEWの若いレスラーに対する考え、レイ・ミステリオをアメリカで有名にするために手助けしたこと、ビンス・マクマホン、エディ・ゲレロ、日本でブリティッシュ・ブルドックス、スタン・ハンセン、ブルーザー・ブロディと一緒に働いていたこと等を話しました。また、マレンコはパーキンソン病との戦いについても詳細に語っています。

「私は60歳です、パーキンソン病にかかるのは60歳からと言われていますが、既にこの病気と戦い始めて、6、7年が経とうとしています。」

また、レイ・フェニックスのリングスキルについて語ります。

「彼は、セールの技術と観客に物事を消化させることを本当に理解しています。彼が最初にAEWに現れた時は、彼は常に動いていました。しかし、今はゆっくりと、しかし確実に、何かを書いている時は、一文ごとにピリオドやコンマを入れて、立ち止まって、起こったことを消化して、次のことに進むということを理解し始めています。以前の彼はピリオドもなく、ただ長いだけで、言葉が詰まっていました。」

マレンコはWWEでビンス・マクマホンの下で働いていた時の仕事上の関係について聞かれました。

「最初と中盤はいい関係でした、最後も悪くはなかったですが、私がそろそろ辞めようと考えてただけです。ビンスはとても厳しい人間で、彼のショーです。それは分かっています。彼は完璧でないものを望みません。私が現場に出て、レスラーを助け、最高の試合とカメラアングルを作ろうとすることを彼はとても信頼してくれていたと思います。ビジネスを少しずつ教えて、彼等を助けていました。かつて、エージェントと呼ばれていましたが、ハマースタイン・ボールルームにいた時に、ビンスが「これからはエージェントはいらない」と言ったんだ、「エージェントが何をするのか分からない。試合をプロデュースするのだから、君は今日からプロデューサーだ」って言ったんです」

WrestlingNews.Co

0 件のコメント :

コメントを投稿