Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:故ブロディ・リーの妻アマンダが、息子ブロディJr.のAEW出演に対する批判に対処

 

元WWE、AEWスターである故ブロディ・リーの未亡人であるアマンダ・フーバーは、自身のインスタグラムでAEWが息子ブロディー・リーJr.を頻繁に起用していることに対するファンの批判に対処しました。彼はダークオーダーの-1として知られています。

AEWはここ数ヶ月、ブロディJr.をダークオーダーと共に、様々なショーに出演させています。これはAEW社長トニー・カーンがブロディJr.に対し、プロレスのキャリアを追求したいのであれば、18歳以降も有効な正規の契約を結んでいます。アマンダの投稿では、ブロディJr.がどれだけプロレスを愛しているか、どれだけ学ぼうとしているかをよく投稿しています。

ソーシャルメディアでの批判について、アマンダはAEWが息子を搾取していると批判されているのを見て、落胆していると述べています。12月26日にブロディが亡くなって以来、AEWがいかに家族を助けてきたかを述べました。AEWとジャクソンビル・ジャガーズのチーフ・リーガル・オフィサーMegha Parekh氏、リーガル・コーディネーターMargaret Stalvey氏に感謝の意を述べています。アマンダは、息子にとって学校が第一とした上で、AEWを訪問することは特権であると強調しました。

「私は人生の中でプロレスを愛してきました。プロレスは19年間、私の世界でした。今でも、この世界のどんなものよりも好きです。

私はネット上の悪口を無視しようと思っていますが、実際には見ています。ブロディJr.に対する悪口も目にすることがあります。搾取という言葉が使われています。呆れてしまいます。

彼が何かの一部であることを感じさせてくれています。彼には何のストーリーもありません。ただ、彼は自分の中で欠けている大きな部分と繋がっているのです。

ソーシャルメディアの向こう側では、誰も見ていませんが、悲しみを抱えながらも喜びを感じている子供がいます。セラピーに励んでいる子供、人生で最悪の数ヶ月にも関わらず、先週の成績表では10点のAと3点のBを取った子供。私達がAEWに行く日は、ホテルの部屋でgっこうの勉強をしている彼の姿を見ることが出来ます。それはAEWに行くことが特権だからです。また、Aunty Meghaと一緒に数学の問題を解いている姿も見ることが出来ます。

AEWは自分が何かの一部であることを感じさえてくれます。生きていることの醍醐味を思い出させてくれる人達と一緒に過ごすために、1回おきのショーのために車を走らせています。例えば、Megha ParekhやMargaret Stalveyは私の隣に座って、私が悲しみを抱える世界の中で、私を解放し、泣き、笑い、呼吸をさせてくれます。

私のインスタグラムは誰かの悲しみにつけこむポルノではありません。誰かに来てもらって同情をしてもらう場所ではありません。私の旅の写真なのです。だから、私のところに来てください。私は夫が亡くなった日に死んだのではなく、今を生きていて、闘志を持っていることを知ってください。私はガラスではありません。私はダイヤモンドであり、懸命な友人が私に教えてくれたように、『困難な時がダイヤモンドに輝きをあたえる』のです」

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!