WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

WWE:アンドラーデ退団にROHのPCOや、アレイスター・ブラックも反応を示す


 

アンドラーデがWWEをリリースされたことにより、様々なレスラーがこれにリアクションをしています。WWE関係者だけではなく、これからアンドラーデが向かうであろうリングにいる人々も驚きを隠せません。その1人、PCOもこのようなリアクションをしています。

「それはLFI(ROHでの新たなロスインゴベルナブレスのユニット)にとっても、ルーシュにとっても、ドラゴン・リーにとっても、ケニー・キングやラ・ベスティアにとっても素晴らしいことですし、自然なことでしょう。」

「彼は才能があるし、ルチャだけではないからね。アメリカのプロレスも得意としています。素晴らしい才能の持ち主だ。ROHにとってもとんでもない追加選手になると思うよ。私もあなたと同じように、彼の次のステップがどうなるのかとても知りたいです。彼を獲得出来ることを願っています。」

元WWEスターのオーランド・コロンはアンドラーデと会話した内容を明かしました。

「彼のことを嬉しく思います。WWEで過ごし、WWE以外でも共に過ごしました。より良い場所に彼はいるべきで、今は自分のことをしています。誰も彼の翼を切り離すことは出来ないし、彼は高く飛んで、自分が最も得意とすることを為すことが出来ます。彼は世界で最も優れた選手の1人であり、誰にも負けることの無い存在です。そして、私の良き友人の1人でもあります。今日彼と話してましたが、ジョークを飛ばしたり、彼の将来について話したりしてました。彼の将来は明るいんです。」

「2週間前に彼をオーランドで見たとき、彼は『連中は何もしてくれない。お金の問題ではなくて、自分の夢を追いかけてるんだ。毎週ケータリングの席に座るのは嫌なんだ』と話していました。そう考えると、本当に有害だと思う。あそこには世界で最高のパフォーマーがいるんだ。ロッカールームを見てみろよ。」

アンドラーデと同じく昨年10月からテレビでの出番がないアレイスター・ブラックもツイッターでリアクションをし、これにアンドラーデも反応しています。ブラックは、NXTテイクオーバーでアンドラーデを破ってNXT王座を獲得したことに触れ、フットワーク、、リング上のテクニックを実行する能力を彼のように持っている人間は、この業界にはほとんどいないと述べました。

「彼は私のWWEキャリアの代名詞になる。最初の対戦相手であり、ベルトを獲得した相手でもあります。最初から最後まで完全なプロであり、彼のフットワーク、リング上でのテクニックを実行する能力を持つ人はほとんどいません。アミーゴ、ありがとう」

これにアンドラーデはこのように返しています。

「数年後にリングの上で再会しましょう!あなたは素晴らしい才能を持ち、良い友人です。心からのハグをトミーへ」

また、WWEで活躍するマーフィーとアンヘル・ガルザともツイッターで反応しています。

「ガチで世界で最高の男!もう君とロッカールームを共有できないのは悲しいけど、君が幸せになってくれて本当に嬉しいよ!Amigos 4 Life!」

このマーフィーのツイートにアンドラーデはこのように変身しました。

「ありがとう、君も素晴らしいよ。彼等は君にチャンスを与える必要があるんだよ」

マーフィーの処遇に関しては多くのファンの間で話題になっており、彼がもっと良いブッキングを受けるべきだと感じています。マーフィーは数ヶ月前にミステリオ・ファミリーとセス・ロリンズの間で展開されたストーリーで終わっており、今後はヒールターンをしてロリンズと共に活動する可能性があります。

アレイスター・ブラックの妻ゼリーナ・ベガと共にアンドラーデとチームを組んでいたアンヘル・ガルザもこのようにツイートしています。

「いつも神は我々の背中を見て、幸福を願っています。アンドラーデ、あなたの行くところはどこでだって。良い雄鶏である彼は望むところでどこでも歌います。」

アンドラーデには、一般的な90日間の拘束がないため、今すぐにでもその他の団体で自由に働くことが出来ると考えられています。直近ではROHが19周年興行を控えており、盟友ルーシュは世界王座をかけて、ROHの顔と言うべきジェイ・リーサルと対戦することが決まっています。アンドラーデは退団前からラ・ソンブラというかつてのリングネームを北米でも使えるように準備してきており、マスクを被ってリングに戻る可能性があります。

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明