国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年3月26日金曜日

WWE:ミッキー・ジェームス、トランスジェンダー女性の学内スポーツ参加禁止法案への不満を表明

0 件のコメント :

 

 

過去5回のWWE女子王者に輝くミッキー・ジェームズは、アーカンソー州が木曜日に可決したトランスジェンダーの女性や少女が学校のスポーツに参加することを禁止する新法案に不満を表明しています。

ミッキーはツイッターで「速報です。アーカンソー州……帰っていいよ」とツイートした後、何人かのファンと交流し、トランスジェンダー女性とのプロレス経験を語りました。

アーカンソー州のエイサ・ハッチンソン知事は声明の中で、この法案に署名したのは、"女性のスポーツ競技における公平性を促進し、維持するため"だと述べています。

ミシシッピ州では、数週間前に同様の法案に署名しています。

なお、トランスジェンダー、トランスセクシャルのスポーツ参加に関する問題が広まったのは、1975年に性別適合手術を受け女性となったテニスプレーヤーのレネ・リチャーズです。すでに男子トーナメントで活躍をしていた選手が手術の1年後、女子トーナメントに参加しますが、全米オープンに招待された際、女子テニス協会、全米テニス協会は支援を撤回、トーナメント参加者32人のうち25人が参加を辞退するという事態が発生しました。

染色体識別テストが導入されましたが、リチャーズはこのテストを拒否し、USオープンへの参加は禁止されました。ニューヨーク最高裁判所は公民権の侵害を認め、バーボディテストを性別の唯一の判断材料とすることは「著しく不公平である」とする判決を下しています。

IOCがオリンピック開催に辺り、性別適合を受けたアスリートの参加に関する新しいガイドラインを示したのは2003年でこれは2015年に改訂され、4年間主張の性別を変えないこと、競技前の少なくとも1年間の参加資格期間中にテストステロン濃度が1リットルあたり10ナノモル未満であることを証明するとされています。これは、テストステロン値が競技パフォーマンスに影響を与えるということへの配慮であり、その影響がない女性から男性に移行した競技者は制限されていません。

反対派が提唱するテストステロン濃度が高いため、筋肉や脂肪の分布が異なり、シスジェンダーの女性よりも不当に有利になるという主張ですが、実際にはまだ研究が進んでおらず明確な回答がスポーツ研究の世界でも出ていないというのが現状です。実際に発表されている中で、テストステロンの抑制を行ったとしても、元々の筋肉量にほぼ変化が出なかったり、競技によって接触が発生した場合の怪我のリスクが非常に高まるという結果は出ています。しかし、定量的な研究が不足していることから、男性、女性というカテゴライズをせずによりニュアンスのある区分を目指すべきではないかという議論もあります。これは性差の問題だけではなく、身体障害まで含む議論となっています。

@DaveSac
「2つ重要な質問があります。あなたはトランスジェンダーのレスラーと戦ったことがありますか?UFCでトランスジェンダーが選手をひどく破壊したのを見たことがありますか?」

「私は実際に何人かのトランスジェンダーの女性と試合をしました。彼女達とかなり素晴らしい試合をしました。私はまた、キャリアの中のほぼ90%男性と一緒にトレーニングをしてきました。」

@DJRobbins
「トランスジェンダーの女性は、非トランスジェンダーの女性とは遺伝的に異なります。それは非トランスジェンダーの女性に取って不均一な競争の場を作り出します。平等な競技場のためには、トランスジェンダーの女性リーグが必要です。」

「男性チームでプレイしたい女性は大丈夫です。しかし、彼女達は女性のチームでプレイすることを許可されていません。つまり、トランスは「自分達だけのリーグ」を持つべきだと言うんですか、それとも一切プレイできないようにすべきだと言うんですか。ちょっと気になったんですが、それってもっと差別的ではないですか?そう感じるのは私だけ?あなたは何を提案しますか?」

@DJRobbins
「独自のリーグです。私はあなたの立場を理解していますが、トランスジェンダーの女性を平等な競技場に設定し、標準的な2つの性別のダイナミクスに適合しないプレーヤーのニーズがあることを私は考慮に入れています。」













Wrestling Inc


0 件のコメント :

コメントを投稿