国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年3月10日水曜日

AEW:クリスチャン・ケイジが語るWWEを離れAEWと契約をした理由とは?

0 件のコメント :

 



先週の日曜日に開催されたPPV『Revolution』でのビッグサインを果たしたクリスチャン・ケージはレスラーとして、また若手のトレーナーとして、再び動き出す準備をしています。ポッドキャスト『オーラルセッションズ』にて、自分のカリスマ性を再び披露する事に自信を持っている旨を明かしました。

『かつてのように出来るという自信が無かったら、こんなことはしていないさ。自分が誇りに思っている事だ。関わることがあれば、それに全て参加する。自分が最高の選手である事を証明するために戻ってくるんだ。』

偶然にも、クリスチャンとエッジは、カムバックの話が飛び交っていました。昨年のロイヤルランブルでの復帰戦でエッジのコーナーにいたクリスチャンは、今年は別のプロモーションにおいてライバルとなった"Rレーティングスーパースター"がコーナーに立っている事を喜んでいます。

『まぁ、彼はもう数少ない顔見知りの一人だ。自分が考えている事を相談したとき、すごく支持してくれた。無くなったと思っていた事が、また戻ってくると、何が起こったんだ、って感じさ。』

『去年、ロイヤルランブルで戻ってきた時だけど、クリスチャンはいつも緊張を抑えるのが上手いんだ。緊張しているのを見たことがない。なのに、あのランブルの前は超緊張していた。俺はそのムードを和らげるためにそこにいたんだ。彼は同じようにしてくれた。偉大な相談役さ』

今年のロイヤルランブルに出場した後、ほとんどのファンはクリスチャンはWWEと契約すると信じていました。しかし、ケージは最終的な決断を下す前に選択肢を天秤にかけたかったと認めました。これは彼のキャリアの最後のステージを考えており、自分にとって最善の利益を持っている会社との契約をどうするべきか確認したいと思っていました。結果、AEWだったのです。

『今後、どうなるか分からなかった。水曜日(3月3日)には何もサインもしてなかった。ポール・ワイトの発表を聞いた時に驚いてしまったよ。確かに、トニー・カーンとはすぐに意気投合したし、一緒に仕事をすることになるだろうとは思ってた。ただ、ランブル戦が終わった後にAEWに行くかは分からなかったし、実際にWWEとの交渉は非常に友好的だった。ただ、俺の友人であり、あなたの夫であるジョン・モクスリーは俺と会話をして、彼の意見も聞かせてくれた。"少なくとも自分の選択肢を探さないと、自分自身が損をしている"と思わせてくれたんだ。俺のキャリアの最終段階で、トニーと会話をして、あっという間にエスカレートして、1週間以内に契約が成立したってわけだ。』

クリスチャンはレスラーだけでなく、業界の中で複数の役割を持ちたいと考えていたことも、AEWへの選択を決めた大きな要因だったことを明かしました。AEWとの契約ではレスラーだけでなく、バックステージでのパフォーマンス、トレーニングなど他の仕事をすることが出来るようになります。また、彼はWWEに対して悪意がないということを示したいと考えており、AEWはスクリーン上でも、スクリーン以外でも、自分自身の才能を披露する機会を増やしてくれると思ったのです。

『もちろん人生を変えるような決断をするには、多くのことを考えなければいけない。この決断について考える時間はたくさんあった。俺が本当に必要としていたのは、この才能を披露し、次の世代を助ける事が出来る最高のプラットフォームだった。それがAEWに対して感じたことだったんだ。すごく興味をそそられた。俺は挑戦をする事が好きだ。簡単な決断ではなかったけど、難しい決断ではなかったね。WWEのやり方には何の問題も無い。今の自分にはこれが必要だったんだ。』


Wrestling Inc

Bleacher report

0 件のコメント :

コメントを投稿