Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:謎多きダークオーダー、ウノとグレイソンの知られざるインディーズ時代

 

 

先日放送された「AEW Unrestricted」でダークオーダーのイービル・ウノとステュー・グレイソンに、ダークオーダーの現在の状況と、インディーでのキャリアについて語りました。インディーズではウノとグレイソンは、"Super Smash Brothers"として活躍していましたが、なぜギミックを変えなければならないと思ったのかを語りました。

ウノはインディーズの頃のことをこう振り返ります。

「私達はインディーズで"SSB back"というものをやってました。私がプレイヤー・ウノだった頃、約10年間ビデオゲームボーイでしたが、その名前から距離を置きたかったし、それがこの役割にしばられていたような気がします。」



「2人の小さな男がビデオゲームをしているだけでは、成長やストーリーを描くことは出来ません。そこで、私達は役割を変えたかったのです。元々インディーウでやっていた時はカルトをテーマにしたものではありませんでしたが、自分達が学校を運営するようになり、そこの生徒がAEWでクリーパーになるということで、このような形になりました。」

「彼等が私達と一緒に旅をして、橋をかけて、時々バンプをして、私達がバンプを取ることを考えないようにしてくれたことは、私達にとって勝利でした。」とグレイソンは補足しました。

彼等のタッグチーム名は、もちろん任天堂の代表的なシリーズに由来します。ウノとグレイソンはこの名前を使うことに、任天堂から停止命令を受けたことがあるかどうかについて明かしました。

「みんな命令を受けて、名前をやめたと思っているけど、そんなことは無いんだ。任天堂の製品を販売でもしてない限りはきにしてないだろうし、正直、気にされるほど儲かってもいませんでした。」

「ここ数年は"SSB"だけにしていました。これは実際のところ、誰かに「他のものかもしれない」と思ってもらうことを想定してのことでした。"スーパー・セクシー・ブラザーズ"そういうことです」

AEWのレスラーはAEWへの出場のオファーを受け、その後に契約のオファーを受けるケースがあります。Dynamite出演後、WWEからのオファーを受けたエデイ・キングストンを始め、同じようなパターンがいくつもあります。ウノは似たようなケースを別な団体で受けたことがあると話します。

「AEWが発表される前に、彼等と話をしていました。何かを準備しているが、法律上の問題があるので詳しいことはいえないと言われたんです。そして不思議なことに2日後にROHからオファーがあったんです。」

ウノとグレイソンはファンからの質問にも答えました。あるファンは「自分達のグループが参考にしたタッグチームはどこですか」という質問をしています。

「私には青写真というものはありませんでした。」とウノが答えます。「正直に言うと、僕はグレイソンの長所を知っているし、彼は僕の長所を知っているから、お互いに助け合っているだけなんだ。インディペンデントではケビン・スティーンとエル・ジェネリコがいて、彼等の存在は私達の成功にとても重要な役割を果たしています。彼等も同じような行動力を持っていたので、友達になって行動力が似てきたんです。私はブリティッシュ・ブルドッグスが好きです。ハート・ファウンデーションも大好きです。」

「私達は、最高のタッグレスリングの中で育ちました。」とグレイソンも答えます。「エッジ、クリスチャンの時代、ダッドリー・ボーイズ、ハーディーズの時代などその多くを目撃することが出来ました。しかし、私達がその後どうなったかという点では、私達にとって重要なのは、全く異なる個人であるということです。例えタッグでも、シングルでも、私達は自分自身であります。そういうタッグがあまりないので、それが私達にとって大きな利点だと考えています。」

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!