Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

IMPACT:インパクト世界王座vsTNA世界ヘビー級統一戦決定!ケニー・オメガとの一戦はタイトル統一戦にはならない?

 

これまでにも報じられている通り、インパクトのEVPであるスコット・ダモアは今週のインパクトの放送で、土曜日に行われるインパクト世界王者リッチ・スワン vs TNA世界ヘビー級王者ムースの一戦はビッグタイトル統一戦としてメインになることを発表しました。さらにこの試合の勝者は、4月下旬のPPV『Rebelion』のメインイベントで、AEW世界王者であるケニー・オメガと試合を行います。

PPV『Rebelion』の一戦は、インパクトの世界王座とAEWの世界王座を統一するためのものではないかという憶測がありますが、インパクトはこの試合においてどこにも「タイトル統一」という言葉は使っていない事に注目する必要があります。

レスリング・オブザーバー・ニュースレターによると、現段階でPPVの後の展開は決まっておらず、試合にはダブルカウントアウト、60分制限のドローは含まれない模様です。

また、インパクトは2019年にAAAでレイ・フェニックスを破り現在も保持している、AAAメガ王座をケニーに与えたような同じことをしようとは考えていないことも指摘されています。AAAはタイトルをもった「世界最高のレスラー」に年3回来てもらって、素晴らしい世界タイトルマッチをしてもらおうと考えていましたが、COVID-19のパンデミックにより計画の変更を余儀なくされています。これまでに19年12月に現ROHタッグ、TV王者のドラゴン・リー、20年12月にラレド・キッドとしか防衛戦を行っていません。しかし、それはAAAのアイデアです。インパクトは毎週のテレビ番組に出演するチャンピオンを望んでいるため、同じ方法をとりたくはありません。また、AEW社長のトニー・カーンはAEW世界王座を失うまでは他のプロモーションで負けないチャンピオンを望んでいます。

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!