Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:アポロ・クルーズ「この番組では他にアフリカの代表を見ることがない。私のルーツに再び触れるチャンスなのです」

 




アポロ・クルーズは、WWEでのキャラクターに新たな要素を加える準備をしています。

それは新しいギアや洗練されたペルソナよりも遥かに深いものです。それはすでに彼のリング上でのパフォーマンスに見られたものですが、今は特にマイクを握った時に、特徴的に現れていると言えます。彼は今、WWEのキャリアの中で初めて観客に直接的に伝わる己の自信を示しています。

「これは傲慢でも生意気でもなく、自分に何ができるかを理解しているということです。私の才能はあまりにも長い間、隔離されてきました。」

現在、33歳の"セシュー・ウーハー"は、7年前にWWEに登場したその日から仕事に打ち込んできました。よく練られたストーリーと、リング上での無類の運動神経にも関わらず、クルーズはWWEの視聴者と繋がるためのレシピを見つける事ができませんでした。しかし、彼のあたらいいキャラクターは、2人のガードマンを従えて、ナイジェリア訛りでリングに上がるというもので、これまでとは全く違った印象を与えています。



「私には、このように他の人々とは異なるバックグラウンドがあります。この番組ではアフリカの代表を他に見る事はあまりありません。これは、私のルーツであるナイジェリアに再び触れるチャンスなのです。若い頃は人の目を気にし過ぎていました。しかし、考え方が変わったのです。今、自分がやっていることにワクワクしています。私という人間の延長線上にあって、とても自然に感じられます。私は自分のコンフォートゾーン、安全地帯の外に足を踏み出していますが、それがとても楽しみに感じているんです。」

キャラクターの開発でリスクを犯すことは、クルーズのキャリアを通じて欠けていましたが、一つには彼自身が元来シャイな性格だったことが考えられます。もう一つは、クルーズが世界最高のレスラーの一人であり、それが彼をWWEに連れてきた理由であり、彼のプレゼンテーションを支えてきたからだと考えられます。

「インディーズでは異なりました。私自身がリング上でクールで素晴らしい、かっこいいことをしていれば、作品が私を運んでくれました。当時は、それが自分のやりたいことに繋がると思っていました。NXTに参加していた頃は、自分らしく生きるチャンスを得たと思っていました。ですが、その後、RAWやSMACKDOWNなど新しい環境では、自分を見つけるのに苦労しました。私はいつもそうです。私は生来、シャイな性格で、新しい状況に慣れるまで時間がかかります。それが原因で、私は一般的な人間になってしまい、皆さんが私の事がよく分からなくなってしまったのです。番組をやっていく中で、それに気付きました。だから、ファンの皆さんとのつながりや反応を大切にしてきました。」

時間の経過とともに、クルーズはWWEでの生活に慣れてきました。彼は自分自身を擁護する方法や誰に助言を求めるべきかを学びました。そして、現在のキャラクターはまだ未完成ですが、クルーズはこれからの将来について楽観的です。

「まだ2週間しか経っていませんが、その間にたくさんの事が起きています。私にとって適切なキャラクターが存在していて、私に目的を与えてくれます。私自身のナイジェリアの伝統をテレビに反映させたことで、本当の歴史がここにあります。皆さんが見ているものとは異なるものです。この機会を与えられたことに本当に感謝しています。次はどこに行くのか、楽しみです。」


Sports Illustrated

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!