国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年3月16日火曜日

WWE:ボビー・ラシュリー「もしレスナー、ドリューとのトリプルスレットマッチが実現したらクレイジーじゃないか」

0 件のコメント :

 

ボビー・ラシュリーは、コフィ・キングストンと、父親が黒人のロッキー・ジョンソンであるザ・ロックに続く史上3人目の黒人WWEチャンピオンです。この歴史はラシュリーにとって忘れられたものではありません。WWEのメインタイトルのベルトを獲得して以来、毎週それがどれほど巨大なものなのかをますます学んでいるとTheWrapに語っています。

王座について数日後、TheWrapはラシュリーに表現の重要性、ラナ、ルセフとラシュリーの三角関係のストーリー、そしていつまで経っても実現しないブロック・レスナーのドリームマッチについて尋ねました。

・王座を獲得することは、表現していく上でどんな意味がありますか?歴史の重みでしょうか。


「そうですね、その通りです。この数日で、その大きさをますます実感しています。私の息子も私のことを見ています。息子はサッカーが大好きなんです。子供は皆、誰かを見習いたいと思い、アイドルのような存在を探します。私の息子にとっても、黒人であること、そして私の息子である事で、とても良い気分になることができるのです。これは私にとって重要なことです。子供の頃というのは、人種に関係なくまず人として相手を見るものですが、子供の頃、特別なアイドルがいました。彼等が黒人という理由だけで、彼等は自分と同じであり、彼等の中に自分を見る事が出来るのです。だから、このベルトを自分が獲得したことはとても重要だと考えています。」

・この勝利の歴史的な性質を考えると、ベビーフェイスに転向すべきだと思いますか?

「これだけは言っておきたいです。私は自分をベビーフェイスとかヒールとしたことはないです。自分のしたいことをするだけなので、皆さんがヒールの側に傾いて見えるのでしょう。でも、悪い事をしているつもりはありません。強さを誇っているのです。ただ、自分のキャラクター、自分という人間はベビーやヒールという関係は超越していると思う。」

「誰と対戦するかにもよるかもしれない。つまり他の誰かが非常に厄介な事をするだけの強烈なヒールになってくれたら……先週月曜日のミズとの対戦では、みんなは私に声援を送り、ミズにブーイングをした。つまり、私はベビーフェイスに傾き、ミズはヒールの側だった。彼は完璧にヒールを演じてた。彼は本当にそれが上手です。みんなの前でも伝えました。ミズは驚異的だ、彼は素晴らしいって。皆さんがそれを信じられないなら、的外れな意見です。何故なら、「ミズの野郎があんなことをするのは我慢できない!」という人達がいるからです。彼はやるべきことをやった、嫌われるように仕向けているんだ。全く驚異的な存在です。あの瞬間、私がタイトルを奪うのに完璧な人物でした。」

・ラナ、ルセフとのストーリーラインは、あなたの出番を助けたのでしょうか?それとも傷つけたのでしょうか?


「いいですか、私はこの業界に17年程います。何年もこの業界を見ている人は大勢います。プロレスに戻ってきた時に話しましたが、みんなが私のキャラクターを認識しています。ボビーはタフで、軍隊の経験があって、レスリングのナショナルチャンピオンにもなった。そういう意味で、私はまるで機械のようなものです。ただし、今まで一度も出来なかった事は、ただリラックスすることです。さいしょのころにやってたストーリーラインの多くは、思い返してみると私をリラックスさせるためのものだったのかもしれません。今とは違います、今のキャラクターはより荒っぽいですが、自分自身で楽しむ事が出来ます。」

「以前の私は機械のように固定されていました。いくつかのストーリーラインがあって、相手を不快にさせ、次はリラックスさせて、倒してしまおう、という感じです。見ている人の多くがそれを見て腹を立てるからです。私はどこかで少し引いてしまいました。ビンスは「お前はただ楽しんで欲しい」と言いました。それはしなければいけないことの一つでした。ですが、誰かにそれを言われても、なかなか心に響かないものです。そうなると、悪循環に陥ってしまいます。」

「でも、リラックスして楽しむことができるのは、これがエンターテイメントだからです。戦ってはいますが、これはエンターテイメントなのです。エンターテイメントであるためには、リラックスしなければいけないのです。観客は自分がどこから来たのかを感じることが出来るからです。感情をそのまま演技に移すのではなく、リラックスしてキャラクターも楽しめるようになったことで、このような卑劣で意地悪なキャラクターに仕上がっても、観客はそれを感じることが出来るのです。全てのことが今の私に繋がっているので、全てが役に立ったと思っています。」

・"The Hurt Business"は近年で最も好きな派閥名の一つです。今まで使われていなかったのが信じられないほどシンプルな感じがしますが、ぴったりだと思います。あなたとMVPがインディーズで『Beat Down Clan』をやっていたのは知っていますが、この名前を考えたのはWWEのライターですか?それともメンバーの誰かですか?


「私だね。元ネタはココナッツ・クリークにあるアメリカン・トップ・チームのボクシングコーチなんだ。彼はいつものこのTシャツを着てたんだ。これはWWEに必要だな、私のキャラクターだ、って思ってたんだ。私にはグループが必要だと考えていました。数年前からこのTシャツを持ち続けていて、WWEに来た時も持っていました。「こういうことをやりたいけど、適切な仲間が必要だ」と考え続けていました。」

「MVPがあのロイヤルランブルを開催した時は、彼のアイデアはそこまででしたが、以前に仕事をしたことがある彼にこのアイデアを告げました。「全部混ぜ合わせたら君なんだ」と。MVPも「これで本当の小さな派閥が作れるぞ」と言ってくれました。シェルトン・ベンジャミンのことも頭をよぎっていました。シェルトンは当時、何の役目も与えられていませんでした。彼の実力は誰もが知っていますが、すべてはタイミングと自分に合った役を見つけることにかかっています。私は彼を連れてくるべきだと思いました。彼ならやれるからです。セドリック・アレクサンダーは驚異的な才能を持っています。」

「"The Hurt Business"を試してみたいと思い、このアイデアを打診してみたところ、驚きました。マーチャンダイズスタッフが来て、「信じられないかもしれませんが、問題ありません」と言ったのです。すぐにやろうと言って、黒と金の美しいTシャツは出した途端にものすごく売れたんだ。そこから私達のグループは形成されていったんだ。この名前を使うとなった時にココナッツ・クリークのボクシング・コーチに電話して許可を求めたら、名前を出してくれて、Tシャツを何枚か送ってくれたらいいよと言ってくれたんだ。なんてクールなんだ。」

・ブロック・レスナーとの試合が実現しないのはどうしてでしょうか?


「分かりません……私がプロレスを始めた時からみんなが言い続けています。ブロックがいるじゃないかって。ずっと、ずっとです。私は本当に分からないのですが、彼と本当に親しかった人に聞くと「今はその時じゃない」と言っていたようなのです。他の誰もブロックと話していませんし、私も話していません。彼のことはよく知りません。もし彼が戻ってきて試合をするとしたら、驚異的で素晴らしいことだと思います。でも、もっと大きな試合にあるでしょう。なぜなら、私がドリューを追い越すことが出来ていません。彼は去年のレッスルマニアでそれをしています。チャンピオンの画を描くとしたら、ドリューに勝つことが重要なんだ。もし、その2人とのトリプルスレットになったらクレイジーなことですよね。誰が一体勝つのか、その後の展開にも繋がります。私とドリューにはまだやり残したこともある。この前、私が彼を倒したからきっと彼もその処理をしたいだろうからね」

「もしも、ブロックが帰ってきたら、その両方または片方ずつでもいいな。ドリューがどんな人間か知っている、彼は戦うのが好きだから、試合をすれば素晴らしい試合になるよ。でも、ブロックとも似ているところがたくさんあると思うんだ。私やブロックのような外見を持ちながら、実際にアマチュアレスリングの経験があるという現実味のある人間は、レスリング界にも数える程しかいません。だからこそ、プロレスとはこうあるべきだ、2人のゴリアテが競い合うものだ、と思うのです。そして、それは誰もが見たいと思っているし、遅かれ早かれその日は来ると思っています。ただ私には分かりません。ヘイマンに聞くべき質問でしょうね」


TheWrap

0 件のコメント :

コメントを投稿