国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年3月12日金曜日

WWE:"人間魚雷"テリー・ゴディーの娘ミランダがNXTトライアウトを受けた模様

0 件のコメント :


 

WWEホール・オブ・フェイマーで、日本では"人間魚雷"として知られるテリー・ゴディーの娘ミランダ・ゴディーが、2月にWWEのトライアウトを受けていたようです。

同じくHOFであり、現在プロデューサーを務めるマイケル・"PS"・ヘイズはかつてテリーとファビュラス・フリーバーズでチームを組んでいましたが、ポッドキャスト『Cigar Store Idiots』に出演した際、その翌週にミランダをNXTに呼び、トライアウトを受けさせると明かしました。

ヘイズは、人々がミランダを雇えばいいのにと言っていることにコメントをし、テリーは彼女自身が仕事を獲得する事を望んでいるように感じています。また、ヘイズはミランダがまだ未熟だと考えていますが、この2年で大きく成長しており、トライアウトは採用されると確信しています。

「実はミランダ・ゴディーには今週の月曜日と火曜日にトライ合うとでNXTに来てもらう事になっているんだ。だから、彼女がうまいことやってくれることを願っている。世の中には『WWEに長くいるんだから、彼女に仕事を与えればいいじゃないか』という人もいるだろう。だけど、それは適切じゃない。私は彼女が仕事を獲得すると確信していますが、彼女の父親は私が仕事を与える事を望んでいないでしょう。彼女はまだ未熟ですが、本当に成長していて、この1年半、2年の間にかなり改善してきています。」

テリーは2001年7月に心臓発作で40歳の若さでこの余を去りました。フリーバーズは2016年に殿堂入り、テリーは14年にサウスレスリングの殿堂入り、15年にプロレスの殿堂入りを果たしている。

ミランダの弟、レイ・ゴディーはかつてジェシー、スラム・マスターJとして2005年から2010年4月までWWEと契約していたが、リリース後引退。現在はジョージア州で警察官として働いている。

ミランダは、父親がフリーバーズとして所属していたことを利用し、自らを『バッドストリートビューティー』と称している。彼女はここ数年、Thunder Rosa's Mission Pro Wrestling、Magnum Pro、SWE Furyなど、いくつかのインディー・プロモーションで活躍しており、USA Championship Wrestling promotionの現USA女子チャンピオンです。




0 件のコメント :

コメントを投稿