国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年3月30日火曜日

WWE:RVD、ホール・オブ・フェイム入り正式発表、ジョニー・エースとの関係、ライガーからの影響について

0 件のコメント :

 

ECWオリジナルで元WWE世界チャンピオンのロブ・ヴァン・ダムのWWE殿堂入りが正式に発表されました。

90年代前半にECWやWCWで活躍したRVDは2001年の「インベーション」で初めてWWEに正式加入、最後に登場したのは2014年で以降TNA、IMPACTで活躍しています。グレート・カリ、ケイン、モーリー・ホーリー、エリック・ビショフらと並び、2021年のWWE殿堂入りが確定しました。

ロブ・ヴァン・ダムはFOXスポーツのライアン・サティンと対談し、WWE殿堂入りについて光栄に思っていると語りました。また。ファンが何年も前から彼を未来の殿堂入りと呼んでいたことに言及しました。

「非常に光栄です。自分の仕事を認めてもらい、感謝しています。とても良い気分です、名誉なことです。ファンからは何年もの間、未来の殿堂入りと言われ続けてきましたが、私はいつも肩をすくめて『分かったよ、あなたが思い続けてくれる限りね』と返してました。」

「でも、今年は選ばれた数人の中に入ることが出来て嬉しいです。自分のためにも、ファン飲みなさんのためにも嬉しいですね。彼等が私を応援してくれて、この殿堂入りを見たいと思ってくれていることは、彼等にとっても勝利であると感じています。」

今回の殿堂入りは、WWEタレントリレーションズの責任者であるジョン・ローリネイティスが、電話で伝えてくれたと明かしました。ローナイティスとは、若き日のRVDが全日本プロレスで活動していた時に親しくしていたとのことです。

「日本で一緒にレスリングをしていたから、93年から彼を知っているよ。93年から97年まで長いバスに乗って、冬は寒いアリーナ、夏は熱いアリーナに座って、フェリーボートに乗って、何度も何度も長い時間を過ごしました。日本中をたくさん回ったんです。このようにずっと一緒にいると、誰かのことを少しずつ知ることが出来ます。だから、ジョニーを友人と呼べることを誇りに思っているし、彼から電話をもらった時は本当に嬉しかったよ。」

2020年、2021年のWWE殿堂入りセレモニーは、レッスルマニア37ウィークの4月6日にピーコックとWWEネットワークで放映されます。2020年のクラスには、JBL、ベラ・ツインズ、獣神サンダー・ライガー、"ザ・ブリティッシュ・ブルドッグ"デイビー・ボーイ・スミス、nWo(ハルク・ホーガン、スコット・ホール、ケビン・ナッシュ、ショーン・ウォルトマン)が登場します。RVDは数年前にライガーvsブライアン・ピルマンを見たことを思い出しました。

「このリスト全体がキャラクターの集まりだと思います。私達は皆、人々が頭の中で翻訳し、全ての空白を埋めて、1人1人を知っていると考えられるようなイメージを表しています」

「ですが、獣神サンダー・ライガーとブライアン・ピルマンの一戦を見た時に、彼等は全く新しいプロレスを教えてくれたんだ。それまでの限られたプロレスではなかった。彼等のおかげで、アスレチックで何ができるのかを考えることが出来たんだ。」


Wrestling Inc

Wrestling Inc

0 件のコメント :

コメントを投稿