国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年3月21日日曜日

WWE:ダニエル・ブライアンが語る対戦経験がある、してみたいレスラー。鷹木やKushidaの名が

0 件のコメント :

 

ダニエル・ブライアンはPPV『Fastlane』を前にブリーチャー・レポートのグラハム・GSM・マシューズと話しました。ブライアンは、世界中のレスリング・プロモーションには多くの才能があることから、WWEユニバース以外でのドリームマッチをいくつか明かしました。オカダ・カズチカもその一つですが、ブライアンは、現在新日本プロレスのトップスターである鷹木信悟とROHで実際に対戦したことも述べました。

「オカダは僕がWWEに移籍してから、ここまでまだ知られていなかった人物から、世界最高のレスラーの1人になったんだ。実際にシンゴとはレスリングしたことがありますが、彼は素晴らしいです。ROHではセス・ロリンズとも対戦しましたが、彼のキャリアにおける最初の大きなシングルマッチの一つだと思いますが、まだ僕が30歳にもなっていませんでしたが、まさにベテラン対若手のような物語でした。昔からそのような試合をするのが好きでしたね。」

AEWに触れたブライアンはジャングル・ボーイ、MJF、そして、AEW TNTチャンピオンであるダービー・アリン。さらにNXTではKushida、カイル・オライリー、フィン・ベイラーなどWWEではなくインディーで対戦経験のあるレスラーに注目しています。

「AEWとかを見てると、ジャングル・ボーイ、MJF、ダービー・アリンなどがいます。僕にとっては本当に興味深い存在です。NXTを見ると、若くはありませんが、Kushidaとレスリングをしたいと思っています。彼は最高です。カイル・オライリーとは試合をしたことがあるか分かりませんが。凄く良くなっているので、いつもシングルマッチをしたいと思っていました。フィン・ベイラーとは1、2回インディーで試合をしたことがありますが、WWEで彼と試合をしてみたいですね。まぁ、たくさんの選手がいるからね」

また、ブライアンはリングでたいせんしてみたい相手として、ROHピュア王者であるジョナサン・グレシャムやNXTゼネラルマネージャーであるウィリアム・リーガルの息子、ベイリー・マシューズの名前を挙げました。

「問題があるとすれば、今の選手はとても優秀だし、僕はプロレスが大好きなので、名前を挙げ始めると他の選手の名前が出て来てしまうことなんだけど。ROHにはジョナサン・グレシャムがいます。彼は素晴らしいです。ジョナサン・グレシャムとレスリングがしてみたい。素晴らしい選手はたくさんいます。WWEで僕とレスリングをしたいと思っている選手の数が少なくなってしまうからよくないね」

「マット・リドルとシングルで対戦したことがありません。リコシェとも。WWEに来る前にジョニー・ガルガノとはあるけど、コメディーマッチで、パンツを下ろされて、ケツが5分くらい出てた気がする。ベイリー・マシューズはNXR UKでデビューしたばかりだよね。彼とは試合がしてみたい。ウィリアム・リーガルは僕のキャリアの中でとても助けてくれました。レスリングしたい選手の話になると、すごく気合いが入っちゃから、数人に絞るのは難しいね」

Wrestling Inc

0 件のコメント :

コメントを投稿