国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年3月17日水曜日

Bloodsport:ジョシュ・バーネット「ギブアップをしたくないなら、その男の墓標が増える、それだけだ」

0 件のコメント :


 元パンクラスオープンウェイトチャンピオンにして、UFCヘビーウェイトチャンピオンのジョシュ・バーネットがThe Wrestling Inc. Dailyに出演しました。彼はBloodsport 6で予定されているジョン・モクスリーとの試合について語り、これまでのBloodsportでのモクスリーの印象について話しました。

「私は、彼を遺志の生きた例として見ています。彼はそこに入りたいと思ったところに現れ、準備の中で成長するだけではなく、パフォーマンスの中でそれを輝かせてきました。彼は常にステップアップし、次に必要とされる自分にとってのラインがなんであれ、それを見つけ、超えて、ただ前進し続けています。」

「Bloodsportでのモクスリーは初めてリングの上に上がっているのを見た時と、前に見た時では同じものではありませんでした。彼の一番良いところは、これからもずっと変わること無く続いていきます。その不屈の精神、諦めない姿勢、繁栄と混沌、その全てを持ち合わせ、かつ支えているのは、常に良好を更新し続ける男の存在そのものです。」

「彼はすり減っていない。倒すのが簡単になったわけでもない、技量が低下している訳でもないし、能力が低下している訳でもない。彼はより良くなっていて、さらに自信を深めている。もし、Bloodsport2でモクスリーと対戦していたら、Bloodsport6のモクスリーとは全く違う選手になっていただろう。Bloodsport6のモクスリーはBloodsport2のモクスリーをいとも簡単に蹴散らすに違いない。だから、この男は進化し続けているんだ。」

Bloodsport6に迫るモクスリーとの試合に向けての心構えを尋ねました。

「ギブアップをしたくないなら、その男の墓標が増える、それだけだ。私の仕事は、誰かが何を必要としているかを気にすることではない。私の仕事は、その人を生き地獄で苦しめること。人をバラバラにして、弱点を見つけて、それを利用すること。対戦相手は皆、「もういい、もう十分」と言うが、モクスリーの場合はそうではないと思う。彼が「もう辞めてくれ」と言う姿が想像出来ません。彼が十分だなんて言うことはないのです。」

モクスリーは前回、デイビーボーイ・スミスJr.に対し、デスライダーで勝利しています。バーネットはMMAシーンでDDTが使われることは稀であると説明します。

「MMAで見られるのは、ダブルレッグテイクダウンの際に頭を叩き付けてしまいDDTのような形になることはあるね。グレイ・メイナード vs ロブ・エマーソンだったはず。頭を叩き付けられ、モクスリーはそのムーブで多くの試合に勝利しているという現実があります。ましてや、腕をロックされている状態で何かに激突するのは、あまり好ましいことではありません。」

「頭をキャンバスに叩き付けられるのは本当に気持ちのいい者ではありませんが、自分の知っていることをやるしかありません。自分の強みはなんなのか、それは常に自分が戻るべきものなのです。特に心の奥底を引き出す必要がある場所では。疲れて、動けなくなって、戦いの中で物事をじっくり思考する力が非常に低下していく中では。」

「もしも、根っからのレスラーと戦っていて、打ち合いで追い込まれ、戦いが厳しくなったら、相手はテイクダウンを狙うでしょう。モクスリーも同じで、チャンスと見るや、デイビーボーイ・スミスJr.が腰を落としてテイクダウンに入ったところを、すぐに頭を床に突き刺しました。しかし、モクスリーが危険を犯しているのは、相手だけではなく自分にも降り掛かってきます。もし、それを失敗すれば、今度は自分が下になって仰向けの状態から誰かが上になり、顔面にエルボーを食らうことになるかもしれません。でも、上手くいった時には受けた側には良い状況とは言えないでしょう。」

Bloodsportには現在、競技者が戦うためのタイトルがありません。バーネットはその理由を説明します。

「Bloodsportではタイトルを設けるつもりはありません。単純な理由でインディーズ・レスリング・プロモーションは、レスラーに対するリターンを確保出来る保証がないからです。誰かがどこかの団体にピックアップされたとしても、その人を確保し続けるためにできることは何もありません。タイトルを適切にコントロールする方法もありません。この場所にはそういうものが何もないんです。」

「だから、例えば、チャンピオンを育てるためにあらゆる努力をしても、その努力をした人が抜かれてしまったり、何が起こるかわかりません。チャンピオンシップを行う本当の理由が分からないのです。代わりに、毎年恒例のトーナメントを行うことにしました。女子のトーナメントを行ったように、男子のトーナメントも開催予定です。」

「それを一晩で行い、恒久的な招待制にして、毎回、参加者を募るのです。そして、その年の優勝者を決めるのです。その次の年はまた証明しなければいけない。かつてのRINGSの「メガバトルトーナメント」に似ていますね。そう、タイトルがない理由は「そうそう、この人はゴッチ・ロビンソン杯で優勝したんだよね、かっこいいね」という感じだからです。WWE、AEW、無くなりましたね」

4月8日に開催されるGCWのTheCollectiveの一環として、Bloodsport6でジョシュ・モクスリーと対戦します。


Wrestlling Inc

0 件のコメント :

コメントを投稿