国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年5月28日金曜日

WWE:リリースされたアイコニックスがレッスルマニアの思い出、今後の動きを語る「私達はパッケージ商品です。」

0 件のコメント :

 

WWEからリリースされたばかりのアイコニックスですが、Busted Open Radioのインタビューで、ビリー・ケイとペイトン・ロイスはレッスルマニア35でWWE女子タッグ王座を獲得した時、リリース後に何をしていたか、今後どこのリングに上がるのかについて語りました。

ビリーはレッスルマニア35での思い出について語ります。

「この話をすると、いつも鳥肌が立ちます。とても特別な事だったわ。一緒にWWEに行く事を目標にして、それを達成して、女子タッグ部門を盛り上げる事を目標にして、それを実現したってこと。そして、レッスルマニアで優勝した事。レッスルマニアで優勝したと言える人は少ないでしょう。私達は本当に感謝していますし、私達のキャリアのハイライトといえるものでした。私達が努力して来た事野全てが、あの一夜に集約されたのです。バックステージからリングに向かうと、"海"にはたくさんの人がいたのを覚えています。手を繋いでリングに向かったんです。そして、私は"すごい、これ全部なんだ"と思いました。15年間かけて作って来たものが、あの1試合に集約されていて、私が望んでいた通りのものでした。もう一度見たら、泣いてしまうかもしれません。本当に特別なことでした。」



ペイトンが加えます。

「本当に特別なことでした。その前に行われたエリミネーション・チェンバーでは、初代チャンピオンを決める試合を行う事が出来ました。あれは私達にとっても、とても楽しい試合でしたが、あの時私達はもっと自分達の試合を見せたかったのだと感じました。この部門のパイオニアとして声を大にして協力してきました。だから、もっと見せたかったんです。レッスルマニアが開催された時には「なんてこった!」と思いました。私はすべての出来事には理由があると信じています。だから、レッスルマニアで起こったことに対して、全ての出来事には理由があると思っています。」

「レッスルマニアでのあの瞬間のためなら、何も惜しみません。ファンの前でもね。今ではそれが当たり前になっているような気がします。振り返ってみると、「ファンがいてくれて、本当にラッキーだった」と思います。彼女がベイリーをピンで倒したときの感動と雰囲気、あの瞬間はとても特別なものでした。何物にも変えられない感情に溢れ、体力は全て使い果たしてしまいました。」

2人の次の動きについて聞かれたペイトンは、2人がチームとしてレスリングを続けていく事を明かしました。また、2人の最新事業であるポッドキャスト「Off Her Chops」についても語りました。

「私達は絶対に一緒にいたい、一緒に進んでいきたいと思っています。「Off Her Chops」の初回で言ったように、私達は一緒にいるのが一番楽なの。簡単にお互いを活かすことができるの。何をしようかと話し合う必要もありません。一緒に仕事をしていると、自然とそうなるんですよ。このように自然な形で行われる事は、台本どおりに行われるよりもベストだと思います。だから、私達はキャラクターの通りに進んでいきたいと考えています。しばらく前からこのポッドキャストはやりたいと思っていたので、とても楽しみです。」

ビリーは、ポッドキャストがペイトンと計画をしていた事であり、リリースされたことによって検討する時間ができたことを明かしました。また、新しい会社を見つけたら、2人で協力していくことを改めて強調しました。

「長い間、やりたいと思っていた事なんです。失業した今、そのための時間が出来ました。大変なことも多いけど、楽しんでいます。ええ、私達は一緒に痛いと思っています。他の会社でも仕事をしたいと思っています。私達がどの会社を選んでも、タッグ部門を助ける事ができると思っています。私達はタッグレスリングを愛していますから、そのお手伝いが出来ると思います。タッグレスリングや女子タッグレスリングを盛り上げていく事が、ずっと私達の目標でした。どの会社のためにもそうしたいと思っています。」

アイコニックスはどのプロモーションに興味があるかという質問に対して、2人ともその決定は難しいと答えました。しかし、ペイトンとビリーは一緒に仕事をしてみたいと思う2つのプロモーションについて言及しました。

「例えばAEW。彼等には必ずしも女子タッグ部門があるわけではありませんが、私達は女子部門に貢献出来ると思っています。私達にはテレビでの経験があるので、この部門を盛り上げる事が出来ると思うのです。インパクトには女子タッグ部門がありますし、ノックアウト部門も確立されているので、私達も簡単に参入できると思います。私達はどちらの団体にも提供出来るものがたくさんあると思います。」

ビリーはパートナーに同調しながら、この時代がいかに楽しいかを語りました。彼女はファンに2人の次の行動を推測してもらいたいと考えています。

「そう、なぜなら、私達はレスラーでありながら、強烈な個性をキャラクターを持っているからです。そして、私達はそれを愛しています。だから、いつものようにこの2つを融合させて、AEWとインパクトのどちらの会社に所属するのが良いのかを考えることだと思います。」

「それは楽しいことなんです。たくさんの可能性があって、エキサイティングなことです。(現在、ROHで活躍するテニール・ダッシュウッドとの)オージー・トリオの可能性もありますし、どこかでタッグを組む可能性もあります。可能性があるからこそ、常に刺激的であり続けなければならないのです。私達が何かをするにはまだしばらく時間がかかりますので、出来る限りの情報を得て、自分達にとって最善の方法を考えたいと思っています。そして、私は人々の想像力をかきたて、気を引き締めていたいのです。」

ペイトンは最後にこう加えました。

「私達はパッケージ商品です。私達は一緒に前に進んでいきます。」

Wrestling Inc

0 件のコメント :

コメントを投稿