国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年5月3日月曜日

WWE:9月引退の噂についてダニエル・ブライアンが答える「この仕事をフルタイムでやっていて、娘と一緒にそういうことが出来るのはいつまでなんだろう」

0 件のコメント :

 

WWEスター、ダニエル・ブライアンがTV Lineの取材に応じ、彼の契約状況について語りました。現在、WWEとの契約は今年末に切れる事になっていますが、皆が期待しているようなタイミングでは切れないと明かしました。

「"9月"というのは最後の契約が切れた時の話だと思いますが、"9月"には終わらないんだ」

ブライアンは、自分の契約がより後になるのか、あるいは早くなるのかを明らかにしませんでした。彼はレスリングを続ける事と、家族を過ごす時間を増やす事のバランスを取る事に苦労している事を話しました。



「最近、スマックダウンでタッグマッチをやったけどすごく楽しかったよ。でも、首がボロボロになってしまったんだ。5月で40歳になるけど、娘は私の肩に乗って、家の前の紅葉を摘むのが好きなんだ。この仕事をフルタイムでやっていて、娘と一緒にそういうことが出来るのはいつまでなんだろう、というところまで来てるんです。パートタイムとのバランスはどうだろう?たまに思い立った時にやるのか、それとも8ヶ月やって、1ヶ月休むというようなスケジュールなのか」

「プロレスに限らず、個人事業主の素晴らしいところは、"私はこのぐらいの量の仕事しかしたくない"と言える事だと思います。その仕事の量がどれほどなのか、私にはまだ分かりません。しかし、私を頼って仕事をしている人達にも敬意を払わなければなりません。早く答えを出さないと。家族の面倒をよく見てくれている人に対して、従業員としての責任を果たそうとしているのです。それを理解するための時間も必要なんだ。」

ブライアンはこのような状況でどうすべきか、スティーブ・オースチンなどの他のレスラーに相談したか聞かれました。

「いいえ、相談していません。私達は皆、続ける事のリスクと、そのリスクに対するリターンを知っています。」

「私の首の怪我は、スティーブ・オースチンの怪我ほど酷くありませんでした。私達の世代は、前の世代よりも体のケアに最新の注意を払っています。それはどのスポーツでも同じです。トム・ブレイディが43歳でスーパーボウルのクォーターバックを務める事が出来るのも、レブロン・ジェームズが37歳でNBA最高のバスケットボール選手であり続けるのも、そのためです。」

「私達はより多くの情報を得て、自分の体をよりよく管理できるようになりました。20歳でレスリングをやっていると、どの試合でも全力で取り組む事が出来ます。今は体の調子が悪ければ、少し楽にしなければならないことが分かっています。自分の体をより大切にするようになりました。」

Wrestling Inc

0 件のコメント :

コメントを投稿