WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

WWE:9月引退の噂についてダニエル・ブライアンが答える「この仕事をフルタイムでやっていて、娘と一緒にそういうことが出来るのはいつまでなんだろう」

 

WWEスター、ダニエル・ブライアンがTV Lineの取材に応じ、彼の契約状況について語りました。現在、WWEとの契約は今年末に切れる事になっていますが、皆が期待しているようなタイミングでは切れないと明かしました。

「"9月"というのは最後の契約が切れた時の話だと思いますが、"9月"には終わらないんだ」

ブライアンは、自分の契約がより後になるのか、あるいは早くなるのかを明らかにしませんでした。彼はレスリングを続ける事と、家族を過ごす時間を増やす事のバランスを取る事に苦労している事を話しました。



「最近、スマックダウンでタッグマッチをやったけどすごく楽しかったよ。でも、首がボロボロになってしまったんだ。5月で40歳になるけど、娘は私の肩に乗って、家の前の紅葉を摘むのが好きなんだ。この仕事をフルタイムでやっていて、娘と一緒にそういうことが出来るのはいつまでなんだろう、というところまで来てるんです。パートタイムとのバランスはどうだろう?たまに思い立った時にやるのか、それとも8ヶ月やって、1ヶ月休むというようなスケジュールなのか」

「プロレスに限らず、個人事業主の素晴らしいところは、"私はこのぐらいの量の仕事しかしたくない"と言える事だと思います。その仕事の量がどれほどなのか、私にはまだ分かりません。しかし、私を頼って仕事をしている人達にも敬意を払わなければなりません。早く答えを出さないと。家族の面倒をよく見てくれている人に対して、従業員としての責任を果たそうとしているのです。それを理解するための時間も必要なんだ。」

ブライアンはこのような状況でどうすべきか、スティーブ・オースチンなどの他のレスラーに相談したか聞かれました。

「いいえ、相談していません。私達は皆、続ける事のリスクと、そのリスクに対するリターンを知っています。」

「私の首の怪我は、スティーブ・オースチンの怪我ほど酷くありませんでした。私達の世代は、前の世代よりも体のケアに最新の注意を払っています。それはどのスポーツでも同じです。トム・ブレイディが43歳でスーパーボウルのクォーターバックを務める事が出来るのも、レブロン・ジェームズが37歳でNBA最高のバスケットボール選手であり続けるのも、そのためです。」

「私達はより多くの情報を得て、自分の体をよりよく管理できるようになりました。20歳でレスリングをやっていると、どの試合でも全力で取り組む事が出来ます。今は体の調子が悪ければ、少し楽にしなければならないことが分かっています。自分の体をより大切にするようになりました。」

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について