国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年5月11日火曜日

WWE:話題のタッグ王者MSKの独占インタビュー「MSKのストーリーは、準備!セット!ゴー!って感じだけど、セット出来てないよ!って思う。」

0 件のコメント :

 

 

スリリングなチームはNXTに嵐を巻き起こしています。このエキサイティングなデュオは未だに謎めいた存在です。ウェス・リーとナッシュ・カーターは、今年のダスティ・カップでデビューしてからわずか数週間で、NXTタッグタイトルを手に入れました。多大な宣伝と興奮の渦の中で登場し、そのスリリングなレスリングスタイルですぐにファンに愛されました。しかし、インディペンデント・シーン、Impactレスリングでは、彼等は「The Rascalz」として知られており、"MSK"という名前は未だに謎に包まれており、新しい名前に込められた正確な意味は伏せられています。



ウェス・リーはMetro.co.ukに語りました。

「俺達のことだ、MSKはウェス・リーとナッシュ・カーター。それは俺達が何を象徴しているかということ、何者であるかという事、何をしているかということ。それはライフスタイルであり、メンタリティなんだ。」

パートナーのナッシュが笑いながら、2人は「人々に推測をさせ続けるのが好き」であることを認める一方、フォレスト・ガンプの「人生はチョコレートの箱のようなものだ」という愛すべき台詞を2人が言い換える前に、パートナーはそれ以上のものだと示唆しました。

「それは自分達の試合のようなものなんだ、何が起きるか分からない。人々は私達をハイフライヤーと呼んでいるけど、それだけじゃない。ハイフライヤーになったのは、自分達にとって刺激的なことだったからだけど、誰かの顔面にパンチをいれる方法も、腕を折る方法も知ってるよ。タフで意地悪になる方法もね。」

ニュースターの2人にとって、WWEは生涯の夢であり、ついにその夢を実現するための電話を受けた時には唖然としたとウェスは語ります。

「電話を受けた時、「おい、これから君たちをマトリックスから引っ張り出して、君たちの人生を現実のものにするぞ!」と言う感じだった。気付いたら、自分達が望んでいた事が全て実現しているんだ。だから、これが現実だなんて信じられないよ」

彼等の試合と同じように、この数ヶ月感は2人にとってもエネルギーと興奮の渦のようなもので、彼等がこの部門のトップに浮上した事は当然のように感じます。ナッシュはその驚きを笑いながら語ります。

「MSKのストーリーは、準備!セット!ゴー!って感じだけど、セット出来てないよ!って思う。全てがあっという間に終わってしまって、ちょっと処理をするのが大変。電話がかかってきた時点で、自分はここが自分の居場所だと思ったんだ。俺はずっとWWEのスーパースターになりたいと思っていたし、WWEが大好きだったし、自分達がアクセスできるこの場所は他にはないんだ。世界で一番素晴らしい事だよ。」

2人の存在はファンを喜ばせています。彼等の契約、NXTのファンへの紹介は、パンデミックの真っ直中であり、業界や世界全体にとっても難しい時期に行われました。ウェスはそのことについて語ります。

「世界にとって非常に暗い時期に起こったことなので、涙が出る事もあります。ただこの暗闇の中で、自分達を導く光明を得ることが出来たのだから素晴らしいことだと思っています。今はただ、自分達も他の人々にとってそうありたいと願っています。これを利用して、出来るだけ多くのポジティブさと愛を広めたいんです。」

「今後の展望として、NXTタッグタイトルを出来るだけ長く保持して、もし失う事になっても「取り戻す」ことを目指しています。長い期間保持して、タッグ部門に掲げられたたくさんの目標を確実に達成したいんだ。そして、メインロースターのみんなを支配して、タッグチャンピオンシップも獲得しなければいけない。つまり、一日一日を大切にしていくんだ。」

ナッシュはこう加えます。

「俺達が目指しているのは、史上最高のタッグチームになることだと思うんだ」

Metro.co.uk






0 件のコメント :

コメントを投稿