WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

AAA:アンドラーデ、AAA最大イベント”トリプレマニア"でのケニー・オメガとの対戦を予告!!

 

 

WWEからリリースされた後、何数感も活動を休止していたアンドラーデが再び話題になっています。フェデラシオン・レスリングのイベントに参加することが発表された翌日、アンドラーデはAAAに所属したことを発表しました。

アンドラーデはショーの最後に事前に録画されたビデオで登場しました。元WWEスターであるアンドラーデは現在AAAに所属していることを発表し、AAAのスターであるサイコ・クラウンとの対戦、メガ・チャンピオンシップの獲得という2つの目標を掲げました。AAAメガ・チャンピオンであり、インパクト・ワールド・チャンピオン、AEWワールドチャンピオンであるケニー・オメガに、今年の夏に開催されるトリプレマニアXXIXでの試合を申し込みました。



WWEのコメンテーターであるコーリー・グレイブスの弟で、元CMLLスターであるサム・アドニスもAAAにデビュープーマ・キング、ディアマンテ・アズールと一緒に「ラ・エンブレサ」というチームを結成しました。アンドラーデもこのグループの一員となる可能性が高いですが、まだ確定はしていません。

また、このショーではインパクト・ノックアウト・チャンピオンであるデオンナ・プラッゾがAAAデビューしました。プラッゾは、AAAレイナ・デ・レイナス選手権をエリミネーションマッチで獲得したファビ−・アパッチェと、トリプレマニアにてノックアウト選手権とレイナ・デ・レイナス選手権のダブルタイトルマッチが決定しました。

現時点でトリプレマニアの日程や場所は発表されていません。アンドラーデ対オメガの試合は、アンドラーデにとってAAAでの最初の試合となります。トリプレマニアとフェでフェデラシオン・レスリングに加えて、アンドラーデは7月初旬にアルベルト・エルパトロン(アルベルト・デル・リオ)とも対戦します。

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について