国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年5月18日火曜日

WWE:ゾンビ・ランバージャックマッチに対し、クリス・ジェリコは先週の批判を揶揄「こいつは業界を30年後退させた」

0 件のコメント :

 

元WWEのスーパースターでAEWの"Le Champion"であるクリス・ジェリコはレッスルマニア・バックラッシュで行われたゾンビ・ランバージャックマッチについてソーシャルメディアで反応しました。

先日、1週間前に行われたAEWのブラッド&ガッツマッチにWWE関係者が満足していないと報じられ、ウォーゲームススタイルの試合に対し「業界を30年後退させた」と述べ、議論を呼びました。これは暴力的な表現がTNTの標準的なラインを大きく超えたことによるものと見られています。

WWEその1週間後にPPVでミズ vs ダミアン・プリースとの試合で「ゾンビ」をランバージャックに見立てたセグメントを採用したことは注目すべきですが、このアングルと試合にはネット上で賛否両論が起こっています。ほとんどのファンは2021年にWWEがこれをテレビで放映するということに困惑したり、怒っていたりしました。

クリス・ジェリコもこの試合にオンラインで反応をしており、「ゾンビ…ゾンビ?わお、こいつは業界を30年後退させた」と先週、自分達に送られたコメントを揶揄してみせました。

この試合は、元WWEスーパースターであるデイブ・バティスタの新作主演映画「アーミー・オブ・ザ・デッド」の宣伝として行われており、試合後、ゾンビ達はミズに襲いかかり、カメラはゾンビ達がミズが食べられてるかのように切り取りました。しかし、心配されていたミズは無事だったようですが、彼が人間の脳を食べるようになったという噂があります。パートナーであるジョン・モリソンの安否は分かっていません。

ハリケーン・ヘルムスはこの試合のファンだと公言しています。

Sescoops

0 件のコメント :

コメントを投稿