国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年5月24日月曜日

AEW:タイ・コンティ、WWEリリースの真相を明かす。「クソ!無職だけど幸せだわ!家も買ったし、ずっと欲しかった車だって買った!なんていい生活なんだ!」

0 件のコメント :

 

タイ・コンティはAEW Unrestrictedポッドキャストにて、WWEをリリースされた当時の事を振り返りました。

「私は数ヶ月間、リリースを求めていました。私は幸せではありませんでした。私は不幸で、何の計画も無かったんです。ここから出て行きたいと思っていて、釈放されたらどうしようなんて考えた事もありませんでした。もちろん、彼等は何度も断って来ました。何度もミーティングを重ねて、私は、いや、もう終わりにしよう、お願いだから行かせてください、と訴えていました。ですが、彼等は「いいえ、あなたは行かせません」と言われて、AEWのことを言われたんです。」



「「我々は君に大金を注ぎ込んだんだ、お前はスターだ。」と「そうです、ですが、あなた達は私を使ってくれない。だからどこかに行かなきゃいけない。けど、そこじゃない、そこには誰も知らない。AEWに行く予定なんてないんです。」と言いました。ある日、彼等はノーと言ってましたが、私の契約はまだ2年残っていました。「給料は払うから家にいていい」と言われたんです。私は「いやだ、だってみんんな私の事を忘れてしまうだろうし、仕事もできなくなってしまう」と思いました。ですが、「分かりました、大丈夫、あと2年頑張ります」と答えたんです。」

「私は仕事を続けるつもりでした、選択肢はありませんよね、私達は仕事を続けることを決め、全てが順調に進みました。しかし、その後、私がトレーニングのスケジュールが合わなくなり、何かを変えなければいけませんでした。突然、私に電話がかかってきたのは、突然というわけではありませんでした。パンデミックの件は誰もが知っていましたが、私は大丈夫だと思っていたので、電話がかかってくるとは思っていなかったんです。彼等は私に「ついに君を手放すことになった」と言ったんです。それは本当に良い意味ではなく、意地悪にならないようにどう説明していいか分かりませんが、彼等はあまり良い人達ではありません。」

コンティはWWEでの活動を振り返りました。また、WWEを退団した後、何をしていたのかを明かしました。

「正直なところ、彼等は私の人生を変えてくれたので、彼等にはとても感謝をしています。私がアメリカに来た時、彼等は私に賭けてくれて、とても助けてくれました。私の人生を変えてくれた彼等には感謝していますが、この1年は幸せではありませんでした。私は行かなければいけないと思うことはとても辛い事でした。正直なところ、人生で最悪の日のひとつでした。迷い、悲しみ、動揺、全てがありました。」

「これからどうすればいいんだ、という感じでした。この後、私は仕事も無く、家を買ったのですが、これは私にとって最高の出来事でした。どうやって買ったんだろう?分かりません。数週間後、私は「ああ、私は幸せだ」と思ったのです。それは私の望む事でした、私は自分の人生を考えていました。「貯めたお金で何ができるのか?」私は本当に貧しい地域の出身です。私の家族は本当に貧しかった。だから、家や車を持つ事は正直、私にとっては夢のまた夢でした。」

「そんな夢を持っていましたが、あまりにも遠い存在だったんです。だから実行してみると、「クソ!無職だけど幸せだわ!家も買ったし、ずっと欲しかった車だって買った!なんていい生活なんだ!」って。そして、その後、AEWとの契約が決まりました。私は「ああ、文句のつけようがないな」と思いました。良い人生を送っている、本当に感謝しています。」

エドワーズとスキアボーンは、コンティにWWE以前のことを尋ねました。彼女はWWEが彼女に興味を持った時の反応を明かしました。

「私は今までプロレスを見た事が無かったんです。プロレスがどんなものかを知りませんでした。ブラジルではアメリカのようにプロレスが盛んではありませんでした。WWEは「このチャンスを逃す手は無い」と言いましたが、「とんでもない!」と思いました。自分の国を出て、何かよく分からない事をやっている別の国に行くなんて、絶対に嫌だ。売春かも知れないし、と思っていたんです。ですが、「インターネットで何か見てみてください」と言われ、見ているうちに、「あぁ、面白そうだな」と思ったんですが、私の見解では全く分かりませんでした。」

「連絡したのは友達ではなく、エイドリアン・ジャウーデでした。彼は当時WWEで働いていて、以前アスリートとして活躍していたので競技者として知っていました。なんとなく彼の事は知っている気がして、彼は私に嘘をつかないと思ったのです。彼の家族はブラジルでも尊敬されているので、彼に話を聞いてみようと思ったのです。そうすると、彼は「いい機会だし、やってみるといいよ」と言ってくれたのです。そして私はやってみようと思い、トライアウトを受けに行ったんです。そうすると、初日に「君、契約したよ」と言われたんです。私は「まだ2日あるんじゃないんですか?」と言いました。彼等は「君はやるつもりかもしれないけど、君は契約をしている」と言ったんです。」

続いて、WWEでの生活から何を学んだかについて答えました。

「正直、たくさんのことを学びました。まず、不満があるときには、悪い意味ではなく、良い意味で発言する必要があることを学びました。私はずっと我慢していて、人に言われ傷ついた事も、自分が何も言わなかったこともすべて受け入れていました。私が話し始めると、事態が悪化するんです。人々は「なぜあなたはこんなことをするのか?静かにしていなさい」と言います。私はビジネスについて多くの事を学びました。例えば、どのように敬意を払えばいいのか?そこにいた多くの人々は、私にとって本当に重要な存在で、私を大きく成長させてくれました。」


「「おいお前は来たばかりじゃないか」と言われた事もあります。彼は10年のキャリアを持っています。「椅子から降りて、彼に椅子を譲ってあげなさい」と言われたのを覚えていますが、私はそうやって学びました。柔道でも同じ事が言えるので、喜んでやりました。柔道でも自分よりも経験のある人を尊敬しなければなりません。私はここで自分の勝ちを証明しなければなりません、そして、事項します。何人かの人が無礼な態度をとったので、それはそれで大変でしたが、多くの事を学びました。ビジネスを愛し、尊重する方法を学びました。それが私にとって最も重要なことだと思っています。私はプロレスを愛し、尊敬しています。」

Wrestling Inc

0 件のコメント :

コメントを投稿