国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年5月27日木曜日

新日本:タマ・トンガがパンデミック禍での「外人の動揺」報道に反応「誰かが「gaijin」と言うと、俺達は日本人のレスラーと同じ船に乗ってないように分断されます。誰もが不安を抱え、それを理解しようとしているんだ。」

0 件のコメント :

 

 

ウィル・オスプレイが首の負傷によりIWGP世界ヘビー級王座を返上したニュースに続き、Voice of Wrestlingが新日本のパンデミックに対する対応について「gaijin unrest(外人の動揺)」があると報じました。



※以下発言において、日本国内におけるgaijinのニュアンスを含むため、漢字ではなくアルファベットで表記します。

新日本は、レスリングどんたくで9人のレスラーがコロナ陽性反応を示したと発表しました。タマ・トンガは自身のポッドキャスト「Tama's Island」で不穏な動きがあるとの報道を取り上げ、コメントしました。

「ここには"不安"はありません。もし誰かが不穏な動きをしているとしたら、彼等は自身の中に静かに留めていて、新聞社に対して悪口をこぼしているに過ぎない。1人や2人はいるかもしれないが、それは誰でも同じだろう。WWEにもAEWにも不穏な動きがある。マクドナルドの店員達も不安を抱えている。日本人のレスラーにも不穏な動きがある。馬鹿げた話だ。gaijinが大量に出稼ぎに来る?何だって?」

「どちらかというと、彼等の契約が切れている中、今、アメリカでプロレスが盛んになっていて、より良い機会があるからみんな出て行きたいと思っているのかもしれない。俺は外国人のみんなに言いたいのだけど、俺は今の場所で超ハッピー、お金が入ってくる限りは。俺は大丈夫、外国人の中には契約が終了して、パフォーマーとして成長するために他の場所に移る人間もいると思う。AEWは熱い、ImpactはImpact、NXT、NXT UK、WWE。時期が来て、人々が離れたいと思えば、そうすればいい。俺達はその中で、自分自身を操り、ナビゲートしようとしてるんだ。不安はある。誰かが「gaijin」と言うと、俺達は日本人のレスラーと同じ船に乗ってないように分断されます。誰もが不安を抱え、それを理解しようとしているんだ。こういう噂をする連中は状況を理解していない。俺達はみんな、同じ船に乗ってこの問題に対処しているんだ。精神的にどう対処するかはあなた次第。もし外国人がうまく対処できてないならクソくらえだ。みんなで対処しているんだぜ。愚痴をこぼす外国人はビッチでクソ野郎だよ。」

タマは外国人をグループ化して語ることへの不満を連ねます。

「外国人をグループ化して「gaijin unrest」と語られるのは、その船に乗りたくない俺たちまでグループ化していることになる。幸せで、自分のやっていることを愛している。俺達はここにいる。俺達をひとくくりにするのは臆病者のやる事だ。」

Fightful

0 件のコメント :

コメントを投稿