国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年5月21日金曜日

IMPACT:副社長ドン・キャリスが退社、グッド・ブラザーズ、ケニー・オメガとの関係は一体どうなる?

0 件のコメント :

 

複数の情報筋によると、ドン・キャリスは現在、インパクトの共同エグゼクティブ・バイス・プレジデントとしての仕事をしていない模様です。PWInsiderとFightful Selectが報じたところによると、既にアンセム・スポーツ&エンターテイメント、インパクトを含むブランドの幹部ではなく、パフォーマーとして会社に残っているという状況のようです。

キャリスは先月正式にインパクトでの仕事を終えたと報じられました。昨年にかけてインパクトのクリエイティブ・チーム以外の責任を徐々に減らしていき、4月に正式にクリエイティブチームを去りました。インパクトとしてはキャリスの退社に伴い、チームのスリム化を行いましたが、現在、彼の公認は決まっていません。現在のコアメンバーは共同エグゼクティブ・バイス・プレジデントだったスコット・ダモア、トミー・ドリーマー、RDエバンス、ジミージェイコブスとされています。

なお、キャリスとインパクトの関係は良好な状況にあり、今回の退社は劇的なものではありません。今後もグッドブラザーズ、そしてケニー・オメガのマネージャーとして引き続き出演します。最新のTV収録ではコンテンツ撮影のため初日のみ登場し、残りの3日間はいませんでした。

今週末、アンセムの企業サイトからキャリスの名前が消されたため、様々な憶測がされていました。レスリングインクでは12月初旬に年明け1月にキャリスとインパクトの契約期限が迫っていると報道していました。今後に関する憶測としてはAEWにてフルタイムで移籍をするという情報がありますが、いつ実現をするかスケジュールは分かっていません。

インパクト社内では、当初からスコット・ダモアが物事をリードしてきたため、キャリスの退団に驚かない者もいると指摘されています。インパクトは2017年12月にキャリスを新たな共同副社長として採用し、ダモアと一緒に働く事を発表しました。

Wrestling Inc

0 件のコメント :

コメントを投稿