ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

MLW:プロモーター コート・バウアーが語るWWEとの提携の真相

 



MLWのプロモーター、コート・バウアーはフォーブス誌の取材を受け、MLWのVice TVへの移行について語りました。その中で、先週報道されたWWEとの提携の可能性について聞かれました。

先週、レスリング・オブザーバー・ニュースレターで両社は潜在的な協力関係について交渉していると講じられましたが、PWInsiderの報道では、2つのプロモーションの間には何の話もなかったとされていました。バウアーはこれに対し、機会があれば全ての可能性にオープンである、としながらもおどけてみせました。



「コラボレーションには、長期的なビジョンと、互いを豊かにするための真剣な取り組みが必要です。企業、タレント、ファンの全員がWin-Winになるような双方の関係があり、長期的持続性があれば、常に検討します。一方的な事は出来ません。私はリングにキスをしませんし、検証も必要ありません。」

「我々は2人の億万長者と競合しており、Vice TVとの契約でより成長しており、海外への進出も拡大、現在20カ国以上でMLWは毎週放送されています。もし仮に、ある企業が、意味のあるシステムを破壊することができるか、もしくは双方のビジネスを向上させるような機会を追求する意欲を持っているのであれば、その機会を評価すべきだと考えています。」

「億万長者に認められたからといって、いきなり「よし、どうやってマスターとして仕えようか」ということになりません。そんなことはありえません。そんなことをしたらビジネスをしている意味がないのです。双方が得るものがあって、やりがいがあって、互いに有利な戦略があればそれはクールかもしれません。そういったことが簡単に出来るでしょうか?絶対に無理です。」

MLWは元々、全方位的に友好的なプロモーションとして知られてきました。反対にWWEは他団体との提携などはあまりなく、パフォーマンセンターを作った以降はファーム団体などの位置づけもありませんでした。しかし、この数年、選手の側からTV放送に出る事も出来ず、バックステージにいるだけの状況などへの苦言が相次いでおり、退団のきっかけともなっています。今回のMLWとの提携という話題もその折を受けてのものと言われています。

Wresling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!