国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年5月5日水曜日

AEW:クリス・ジェリコが明かすBlood and Gutsへの意気込み、MJFへの尊敬、スティングとのドリームマッチ、サモア・ジョーに対する期待

0 件のコメント :

 


クリス・ジェリコは、インナーサークルを率いて、MJFのグループであるピナクルと、5月5日のPPV「Blood and Guts」で、ダブルリングのウォーゲームス形式のケージマッチで対戦します。この抗争が決着する前に、ジェリコはニューヨークポストのジョセフ・スタシェフスキとQ&Aの時間を作りました。

・パンデミックの前にニューヨークで予定されていて実現しなかったこの試合を、ようやくお披露目することになったあなたとAEWの心境は?

「この試合は、俺たちがしばらくの間、ポケットの中に入れておいたものの一つなんだ。去年、パンデミックの影響で動けなくなる前に、完璧に準備していた。MJFとジェリコ、そしてピナクルとインナーサークルとの巨大な抗争を始めたのが、9月。その結果、血で血を洗うような争いが生まれたので、ストーリー上、14~15ヵ月後に「Blood and Guts」を行うのに最適なタイミングだと考えたんだ。」



・なぜ、この試合をオリジナルのDusty Rhodes WarGamesルールに戻すという決定がなされたのですか?

「俺たちのバージョンのウォーゲームスは、「Blood and Guts」と呼ばれているんだ。ダスティンとコーディが会社に在籍していたことや、トニー・カーンがこの時代のレスリングの大ファンだから、このクラシックな試合を自分たちなりにアレンジしたいと考えた。トニーは古典的なルールに手を加えたくなかったのだと思う。彼はWarGamesのあのスタイルを愛して育ったからな。」

「俺は、人生で一度もWarGamesに参加したことがない。実際のところ、見たこともない。なぜ、過去にさかのぼって見る必要がないかというと、マネー・イン・ザ・バンクやエリミネーション・チャンバー、スタジアム・スタンピードなど、今では主流となっている初出場の試合にたくさん出ているからな。今回の『Blood and Guts』も同じだろ。確かに、引き出せるアイデアはあるが、これは典型的なWarGamesや典型的なケージマッチじゃない。このアングルは、何となく一緒になったチームや、血の抗争のようなチームよりも、もっとリアルなものだと思う。このルールは、ピンやエリミネーションを多用しないという点で、俺たちがここでやっていることに合っていると思う。この2つの派閥の間で交わされてきたストーリーのために、本当に服従するか降伏するかなんだ」

・あなたが言ったAEWらしさはありますか?

「俺たちの装置は、言ってみれば、違うものです。いつものデイリーズプレイスに設置しているので、スペースの制限から、少し入れ替えなければならない構成もあったけど、それが俺たちの試合と構成のオリジナリティを高めているんだ。1992年にWarGamesを見たら、それとは少し違うし、WWEの焼き増し版のようなものを見ても、それとも違うと思う。俺たちは、少しずつ違う形になっている。意図的なものもあれば、必要に迫られたものもあるだろうな。」

・インナーサークルが正式にベビーフェイスになる時が来たと思ったのはいつですか?

「長い間、この仕事をしていると、常に分かるものなんだ。俺は長期的なストーリーテリングを信じている。MJFがインナーサークルに参加したときのアイデアは、最終的にあいつが自分のグループを立ち上げることだった。俺が望んだのは、これまでにないことですが、インナーサークル全員がヒールからベビーフェイスになることだったんだ」

「インナーサークルを終わらせる理由はなかった。だけど、インナーサークルがヒールである限り、それ以上のことはできなかったんだ。でも、それがわかっていたからこそ、9月にこのアングルを始めた。2月くらいになったら、大規模な転換をする時期だと分かっていたからね。」

・プロモの話をしていますね。あなたとMJFの間には、毎週のようにお互いのプロモをカットすることで、楽しく、友好的なライバル関係があるのでしょうか?

「それはプロとしてのライバル関係だけど、尊敬の念からくるものだ。俺がWWEに入った頃は、ロックとマイクで対決できる選手が少なかったのを覚えている。俺は素晴らしいヒールで、彼は素晴らしいベイビーフェイスだったので、お互いに押し合いました。MJFもそのような存在です。MJFのようにプロモができる人はあまりいないし、クリス・ジェリコのようにプロモができる人も多くはない。そもそも、俺たちが一緒に仕事をするのは素晴らしいことだと考えた理由の一つは顔を合わせてプロモをすることが出来るからだ。」

「今では、善人と悪人、敵と味方といった対立関係にあり、プロとしてのライバル関係もあるが、一番良いのは、結果的にセグメントやファンのためになるということだ。敵意や熱気があるわけではなく、ただの応酬。何か思いつきませんか?素晴らしかった。ワオ......これも最高だったよ。それだけで、より良いショーになるんだよ。プロレスではありえないことだけど、俺は完全に謙遜して言っている。今の時代、あいつや俺のようにそれが出来る男はあまりいないんだよ。」

「だからこそ、ほとんどの週で俺たちはプロモをしているだけなんだ。「Blood and Guts」が発表された時点では、フィジカルなことをする理由はない。マイク・タイソンが空いていることがわかったので、ダックス対ジェリコの試合を行った。もしマイク・タイソンがいなかったら、私たちはまだお互いに触れ合うこともなく、ただ「Blood and Guts」に向けてプロモを作っていただろうね。」

・マイクをリングに上げて試合をするという目標はまだありますか?

「彼は2週間前にランダムに参加できるようになったんだ。俺たちは、2週間に渡って、マイクを最大限に活用した良いアングルを組んだ。だから、俺はマイクと試合をしたいと思っているけど、力関係が変わってしまったんだ。マイクが悪者として登場するのは避けたい。彼はマイク・タイソンだし、ジェリコは善人だから、お互いに協力し合うことはできない。だから、タッグを組んで誰かと対戦することはできるかもしれない。確信はないけどね。マイクも俺を信頼してくれていると思うんだ。彼の口を借りたくはありませんが、もし彼がそんなことをしたら、何らかの形で俺に関わってほしいと思うだろうね。答えはいつもイエスで、正しいストーリーを伝えさえすれば、必ず成功させることができるんだ。俺たちは、「タイソンが出られるから試合をしよう」というのではなく、ストーリーが試合に合うようにしたいと思っているね。」

・NXTの対抗馬がいなくなった最初の2週間の視聴率を見て、こうなるだろうと思っていたことの検証のようなもので、ファンが戻ってきたときにその視聴率がどうなるのかという興味をかき立てられましたか?

「俺たちはこのライバル関係を始めたわけではなく、この戦争は俺たちに押し付けられたものでした。でも、NXTが何をしているのか気にしたことはないね。もちろん、翌日の視聴率などを見ることはあるけど、あいつらがどんな試合をしているのかを知らないね。WWEのスタイルは......実際、AEWが番組中に「よし、あいつらが出てきたから、俺たちはこいつを出そう」と調べていたことも知っているけど。俺たちはそのことにあまり関心がない。俺たちは、自分たちの番組を最高のものにすることに集中していたんだ。」

「NXTがAEWに追いやられたとき、もしそれが戦争だったとしたら、間違いなく俺たちが勝ったってことだ。俺たちは、自分たちの仕事に集中することができた。そして何よりも素晴らしいのは、素晴らしいセグメントを提供していれば、人々がその気になって切り替えてしまうことを心配する必要がないことだと思うんだ。もしNXTが終了して、視聴率が120万と110万になったとしても、30~40万人の視聴者が私たちの番組をずっと見てくれていたとしたら、俺たちの正当性が証明されたことになり、それを基に番組を作っていくことができるんだ。」

「また、NXTやWWEが失ったと思われるクールな要素も失ってない。だから、カナダやイギリスなど、どこへ行っても5,000人、10,000人のファンの前でパフォーマンスをするようになったら、これは本当に素晴らしいことだと、まったく別の世界になると思いますよ。」

・まだやっていないこととして、スティングとの試合がありますね。彼が会社にいる今、それはあなたのレーダーにかかっていますか?

「ペインメーカー対スティング、私の分身のようなもの、バット対バット。全部ある。繰り返しになるが、それは常にストーリーに基づいているんだ。2016年にWWEに戻ってきて、ケビン・オーエン、セス・ロリンズ、ローマン・レインズと仕事をしたときから、俺がやっていることは、若い世代の男たちと仕事をすることに集中したことだ。それは、例えばジェリコ対トリプルHの試合はもう見たくないから。ですから、ジェリコ対スティングの一回限りのドリームマッチは、うまくいくと思うね。96年のWCWのように、パイパー対ホーガン、パイパー対サベージのような、同じような薄い試合にはしたくないんだ。」

・でも、これは前に見たことがないですよね。

「違いは、AEWの第3週にダービー・アリンとストリートファイトをした時にペインメーカーを使ったことだと思う。だから、ペインメーカー対スティングで、バットを使った試合をすれば、注目されると思うよ。だから、答えは「イエス」だよ、ぜひやりたい。もう一度言うが、ストーリーが適切であれば、パーツは揃っていると思う。なぜなら、俺はスティングと一度もリングに上がったことがないからです。WCWではリング上でのセグメントなどもしたことがない。」

・WWEがカットするたびに、「この人はいつAEWに現れるんだろう」という話が出てきます。スター性だけで興味をそそられるような人や、あなたの環境にいることで利益を得られるような人はいますか?

「例えば、タッカーのような選手は、明日、我々が彼を獲得するかどうかはわからないけど、自分に何ができるのかを証明してくれれば、絶対に獲得したい選手の1人だろう。メインイベントのヘビー級チャンピオンとして定着しているのは、サモア・ジョーだ。連中がどこかに行くには、3ヶ月間の猶予がある。でも、いつかジョーがAEWのリングに立つのを見てみたい。それもドリームマッチで良ければだけど。確かRawで1回だけ、3分くらいのちょっとした試合をして、そのまま捨てられてしまったんだ。これはペイパービューの試合だと思ったからやりたくなかったんだけど、それがWWEのスタイルなんだよ。ジョーとジェリコ、ジョーとオメガ、ジョーとコーディ、ジョーと………、というのがマネーマッチだと思う。」

・「Blood and Guts」という試合名には、ファンは何を期待しているのでしょうか?

「この試合には完璧なメンバーが揃っている。本質的に暴力的で、名前も暴力的で、ストーリーも暴力的で、多くの人が何が起こるかを正確に見たいと思っていると思いるんだ。10人の選手が血を流したり、蛍光灯が出てきたり、そんなことを期待しているのか?そうではなく、今はお互いに好きではない10人の男たちの間で、ハードで暴力的な戦いが繰り広げられるのだろうか?つまり、そうだ。」

「The PinnacleとThe Inner Circleの間には長い道のりがあるが、Blood and Gutsはまさにその始まりだと感じています。なんという始まり方だろうか。アルバムの1曲目に「Welcome to the Jungle」を入れていますね。もしそれが良いことだと思うなら、残りの曲を聞くまで待ってください。」

NEW YORK POST

0 件のコメント :

コメントを投稿