WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

WWE:アダム・コールとセス・ロリンズ、対戦だけではなくタッグ結成に色気?

 

2年前の「サバイバー・シリーズ」の後に行われた激戦で、アダム・コールとセス・ロリンズは「マンデーナイト・ロウ」のメインイベントでこの2人が衝突しました。今週の「The Bump」100回目の放送で、両名が顔を合わせ、夢の対決について語りました。この2人は他のプロモーションで何度も対戦していますが、コールはこの試合を彼のキャリア全体を決定づける瞬間と位置づけています。



「とても大きかった。あの一ヶ月間は、大きな旋風が吹き荒れました。Rawのメインイベントでセス・”フリーキン”・ロリンズと対戦することになって、それはとても大きな事だった。自分にとって、アダム・コールが登場した事、NXTのみならず、Rawやスマックダウンでも活躍出来る事を皆に示しました。あの試合は自分のキャリアにとって大きな意味がありました。」

この2人の再戦が観られるかファンが尋ねると、ロリンズはその願いを現実にしたいと考えています。

「個人的には、あの試合をもう1度やりたいと思っています。俺とアダム・コールは、あの夜見たものより遥かに多くの事を出来る事を知っています。あれはほんのちょっとしたプールの水遊び、俺達には大海原のような可能性が待っているんだ。一度でも、二度でも、三度、四度、五度でも実行すれば、プロレス界を吹き飛ばすことも出来るだろうな。」

パネリストのエヴァン・T・マックが「お互いに戦うのではなく、タッグを組む事を想像した事はありますか」と質問すると、2人は目を輝かせました。

アダム・コールは「その考えは私も好きです」と返しました。

セス・ロリンズはこう答えます。

「それはいいね!他のチームが俺達と対戦するのは不快なことだと思う。彼等にはチャンスがない。俺達は見た目も良く、才能もある。男女問わず、誰にも勝ち目が無い。ケミストリーは桁外れなんだ。」

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について