国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年5月24日月曜日

WWE:アダム・コールとセス・ロリンズ、対戦だけではなくタッグ結成に色気?

0 件のコメント :

 

2年前の「サバイバー・シリーズ」の後に行われた激戦で、アダム・コールとセス・ロリンズは「マンデーナイト・ロウ」のメインイベントでこの2人が衝突しました。今週の「The Bump」100回目の放送で、両名が顔を合わせ、夢の対決について語りました。この2人は他のプロモーションで何度も対戦していますが、コールはこの試合を彼のキャリア全体を決定づける瞬間と位置づけています。



「とても大きかった。あの一ヶ月間は、大きな旋風が吹き荒れました。Rawのメインイベントでセス・”フリーキン”・ロリンズと対戦することになって、それはとても大きな事だった。自分にとって、アダム・コールが登場した事、NXTのみならず、Rawやスマックダウンでも活躍出来る事を皆に示しました。あの試合は自分のキャリアにとって大きな意味がありました。」

この2人の再戦が観られるかファンが尋ねると、ロリンズはその願いを現実にしたいと考えています。

「個人的には、あの試合をもう1度やりたいと思っています。俺とアダム・コールは、あの夜見たものより遥かに多くの事を出来る事を知っています。あれはほんのちょっとしたプールの水遊び、俺達には大海原のような可能性が待っているんだ。一度でも、二度でも、三度、四度、五度でも実行すれば、プロレス界を吹き飛ばすことも出来るだろうな。」

パネリストのエヴァン・T・マックが「お互いに戦うのではなく、タッグを組む事を想像した事はありますか」と質問すると、2人は目を輝かせました。

アダム・コールは「その考えは私も好きです」と返しました。

セス・ロリンズはこう答えます。

「それはいいね!他のチームが俺達と対戦するのは不快なことだと思う。彼等にはチャンスがない。俺達は見た目も良く、才能もある。男女問わず、誰にも勝ち目が無い。ケミストリーは桁外れなんだ。」

Wrestling Inc

0 件のコメント :

コメントを投稿