ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

AEW:ダニエル・ブライアンの賞讃にケニー・オメガが反応「彼はレスリングを他の誰かと違う見方をしている」「そうでしょ?」

 

WWEのスーパースターであるダニエル・ブライアンは今週のスマックダウンで自分のキャリアのために戦う事になります。しかし、最新のMy Mom's Basementのポッドキャストで彼が賞賛したのは、ローマン・レインズではありませんでした。彼は30分間のインタビューの中で、現在、AEW、Impact、AAAの王者であるケニー・オメガを賞賛しました。

「彼はレスリングを他の誰かとは違う見方をしている。彼にはこれまでの進化の過程におけるポイントがありません。彼の頭の中には全く新しいものが入っていて、それに果敢に挑戦しているんだ。」

この発言に、ケニーも反応して「理解してるね、そうでしょ?」と返しました。

ケニー・オメガとダニエル・ブライアンは根っからのプロレスファンです。2人とも世界各地で複数のタイトルを獲得していますが、昔、ROHに所属していた時に3度対戦経験があります。4度目の対戦が実現するとすれば、間違いなくメインイベントになることは否定出来ません。

ダニエル・ブライアンのこの発言は面白いタイミングです。金曜の夜に引退をする可能性があり、最近のインタビューでもフルタイムの試合から退くかもしれないとの発言をしています。また、このインタビューの中でもWWEが心を開いて、契約中のレスラーが他のプロモーションのために戦う事を許可する必要があるという考えを肯定しました。ブライアンは自分の意見を述べる権利を持っており、もしも、ブライアン・ダニエルソンとケニー・オメガがAEWのリングで対戦するとなれば、プロレスファンなら誰もが興奮することは間違いありません。

Sescoops

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!